シスコイン、ブライドエクスプロイトを防ぐZKCross-chainブリッジを開始へ

Ethereum Virtual Machine(EVM)機能を持つ唯一のスケーラブルなレイヤー1ブロックチェーンであるSyscoinは、9月までにゼロナレッジクロスチェーンブリッジ(ZKCross)の実証実験を開始する予定であることが明らかになりました。このブリッジは、ブリッジエクスプロイトを防ぐと同時に、クロスチェーンの分散型交換を促進し、手数料を引き下げるという原理で動作することが期待されています。

今年だけでも、ハッカーは10億ドル以上を持ち逃げし、投資家の間に緊張が走りました。長年にわたり、クロスチェーンブリッジは取引の認証にマルチパーティ計算(MPC)またはマルチ署名を使用しており、これがクロスチェーンブリッジ攻撃の横行に拍車をかけています。

複数のチェーンにまたがる流動性と取引の管理

シスコインのZKCrossブリッジは、オフチェーンの自動マーケットメーカー(AMM)機構を運用するため、投資家にとって安心材料となる。このメカニズムは、悪用可能なコンセンサスプロトコルをすべて抑制するだけでなく、複数のチェーンにまたがる取引と流動性を管理します。

取引の際には、高速でプライベートなデータ認証であるゼロ知識証明が、取引が圧縮されてシスコインベースレイヤーにロールアップされる前に使用され、正確性を確保する。

シスコインによると、ブリッジ技術は規模の経済を助けるという。ただし、AMMがオフラインになった場合、ユーザーはベースレイヤーに抜ける必要がある。

Syscoinのリード開発者、Jagdeep Sidhu氏はこう語る。

「このブリッジでなければ、誰かがゼロナレッジブリッジをリリースし、それがみんなが使っているブリッジソリューションになるでしょう。私は本当にこれが物事の向かう先だと思っています」。

ゼロナレッジの利点と限界

ゼロナレッジブリッジは、ユーザーが負担するのはCPUのコストのみであるため、ユーザーにとって費用対効果が高い。しかし、ゼロナレッジ技術には限界があり、その主なものは分散化されていないことです。

とSidhuは言う。

“今はすべてのロールアップが中央集権化されており、我々は中央集権化されたシーケンサーから始めますが、将来的には分散化されたシーケンサーを作ることが目標です。”

一方、シスコインは、ポリゴンが立ち上げたzkEVMプロトコルのように、イーサリアムのスマートコントラクトに最適な証明システムであるゼロナレッジのイーサリアム仮想マシン(EVM)を作ることに楽観的です。その上、Sidhuは、暗号業界の誰も「適切なEVM」を作成したことがないと考えていますしかし、彼はすべてのプロトコルが最終的にこの空間に参加することになると指摘しました。

この記事はcoinjournalを翻訳したものになります。

投資は自己責任で。

仮想を購入できる取引所
MEXC

Follow me!