<善意で支援しているつもりがかえって子供の不幸に加担してしまっていることもある。孤児院には、貧しい親を説き伏せて子供を施設に入れさせる「採用係」までいる始末> アンジェリーナ・ジョリー、マドンナ、トランプ米大統領夫人のメラニア、そしてカニエ・ウェスト。ここ数年で貧困国の孤児院を(もちろん大勢の取材陣を引き連れて)訪れ、皆さん、困っている孤児たちに支援を、と呼び掛けたセレブの一部だ。 この手のツアーを、業界の仕掛け人たちは「倫理的ツーリズム」の実践と自賛する。お金の使い道に困る裕福な西洋人に、貧しい子らを助ける機会を提供しているからだ。訪問先では子供たちと遊び、抱き締めることもでき、帰るときには孤児院への寄付という善行も施せる。 参加する人の善意を疑うつもりはない。でも彼らには現実が見えていない。こうした孤児院ツアーの多くは子供を食い物にしている。孤児院側は潤うかもしれないが、「孤児」役の子供たちは悲惨だ。 貧しい国には孤児が多くて、食べるにも暮らすにも孤児院が必要で、そうした孤児院の維持には豊かな人たちの善意の寄付が必要だ、さもないと孤児たちは物乞いをするか、体を売るしかなくなる──そう思っている人が多い。 しかし、それは神話だ。ユニセフ(国連児童基金)によると、世界には1億4000万人の孤児がいる。ただしユニセフによる孤児の定義は「一方または両親を失った子」で、これが誤解のもとになる。ユニセフの調べで「両親を失った子」は約1500万人。一方の親を失った孤児はたいてい一人親と暮らしている。両親のいない孤児も、大半は祖父母や親戚の家で暮らしている。 寄付集めのプロなら誰でも知っているが、どんな美辞麗句を並べるよりも、悲惨な写真を1枚見せるほうが金は集まる。写真よりも、生きた孤児を見せ、孤児に触れさせるほうが得策なのは言うまでもない。 しかし、そこに「孤児」がいなければ寄付は集まらない。だから施設側は「採用係」を全国に派遣し、貧しい親を説き伏せて、子供を孤児院に入れさせる。時には、保護者に礼金を渡してでも。 孤児院があるから孤児がいる こうした孤児院に入ると、子供たちは見学者との「交流」を強制される。断ることなど、できはしない。窮状を訴えるため、わざと子供を栄養不良に追い込む施設もある。両親とも死んでしまったと訴えるよう、子供に強いる施設もある。 国が貧しければ、諸般の事情で親と一緒に暮らせない子が一定数いるのは間違いない。そういう子のために善意で活動している孤児院があるのも事実。しかし、孤児院は本質的に子供にとって有害だ。 ===== そもそも、ツアー客が「いい」孤児院と悪い孤児院を見分けることなど不可能だ。「いい」孤児院など存在しない。大災害や紛争などの影響で、一時的に施設への収容を必要とする場合はあるだろう。しかし原則に立ち戻るなら、やはり子供は施設よりも(誰かの)家庭で育つほうがいい。それに、貧しい国々では行政の監督が行き届かないから、孤児院が子供の人身売買や強制労働、搾取の温床になりやすい。 このように、孤児院ツアーは初めから破綻している。ツアー客の寄付がなければ孤児院の運営は成り立たず、子供たちが路頭に迷うという議論もあるが、とんでもない。そもそも子供たちの大半は、そんな施設に入る必要などなかった。孤児院ビジネスがなければ、その子たちは地域社会にとどまり、孤児院よりまともな環境に生きていたはずだ。客寄せのための孤児需要をなくせば、「孤児」の供給は自ずと減る。 いま孤児院に入れられている子供たちは「囚人化」の影響を含む数々のトラウマを抱えており、家庭的な環境での専門的ケアを必要としている。お金があるなら、そちらに寄付するのが筋だ。 ©Project Syndicate <2020年3月24日号「観光業の呪い」特集より> 【参考記事】【緊急ルポ】新型コロナで中国人観光客を失った観光地の悲鳴と「悟り」 【参考記事】殺人を強いられた元少女兵たちの消えない烙印 ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年3月31日号(3月24日発売)は「0歳からの教育 みんなで子育て」特集。赤ちゃんの心と体を育てる祖父母の育児参加/日韓中「孫育て」比較/おすすめの絵本とおもちゃ......。「『コロナ経済危機』に備えよ」など新型コロナウイルス関連記事も多数掲載。