中国本土では、26日時点で、新型コロナウイルスの国内感染者が3日ぶりに1人確認され、海外からの入国者の新規感染例は54人だった。 中国国家衛生健康委員会の発表によると、26日時点の新たな感染者は55人で、前日の67人から減少した。 中国本土での感染者は累計8万1340人となった。 死者は累計3292人。前日から5人増えた。 新規感染者は、上海市が最も多く17人、広東省が12人、北京市と天津市がそれぞれ4人。 ウイルス感染の震源地となった武漢のある湖北省では、26日時点の新規感染者はゼロ。同省では武漢以外の地域の移動制限が25日に解除された。 当局は、海外からの入国者に感染が確認されるケースが相次いでいる状況に頭を悩ませている。 中国民用航空局(CAAC)は26日、海外の航空各社に対し、中国国内への路線を各社1路線とし、週1回の運航に制限するよう通達。また国内の航空各社にも各国との航路を各社1路線とし、運航は週1回にするよう通達した。29日から適用する。 中国外務省は、外国人の入国を28日から当面停止すると発表。査証(ビザ)や在留資格を持っていても入国できなくなる。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【関連記事】 ・欧州当局「新型コロナウイルス、夏に終息の公算小 高温多湿でも活発」 ・新型コロナウイルス感染症で「嗅覚がなくなる」という症例が多数確認される ・新型コロナ、急がれる医薬品開発──抗ウイルス薬やワクチンがなかなかできないのはなぜ?  ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年3月31日号(3月24日発売)は「0歳からの教育 みんなで子育て」特集。赤ちゃんの心と体を育てる祖父母の育児参加/日韓中「孫育て」比較/おすすめの絵本とおもちゃ......。「『コロナ経済危機』に備えよ」など新型コロナウイルス関連記事も多数掲載。