<米海軍の原子力空母4隻で乗組員がコロナに感染、そのさなかにも台湾などをめぐって米中両軍が互いを牽制> 中国海軍は最近、太平洋沿岸の防衛力強化を目的とする軍事演習を立て続けに実施し、米軍との緊張が高まっている。一方の米軍は、海軍空母4隻で乗組員が新型コロナウイルスに感染する事態となり、苦境に陥っている。 中国人民解放軍は先月後半、紅稗(ホウベイ)型ミサイル艇を投入した4日間の実弾演習を東シナ海で実施した。9日付の政府系タブロイド紙「環球時報」では、匿名の軍事専門家がこの軍事演習について海軍の沿岸防衛能力を強化する目的だと語った。演習では戦闘訓練のほか、機雷設置や救援作戦の訓練なども実施された。 紅稗(ホウベイ)型は、アメリカの軍事力の象徴的な存在でもある海軍空母など、大型の標的への攻撃に使用する小型で高速のミサイル艇として開発されている。米軍は、アジア太平洋地域で空母を筆頭とした高い海軍力を展開し、中国の軍事的な影響力の拡大に対抗しようとしている。 ところが今、少なくとも米海軍の原子力空母4隻で、乗組員が新型コロナウイルスに感染する事態が発生している。このうち現在グアムに停泊中の空母セオドア・ルーズベルトでは9日時点で乗組員416人の感染が確認された。1人は乗船中に意識不明となり、寄港後すぐに病院へ搬送された。 窮状訴えた空母艦長は解任 空母のブレット・クロージャー前艦長は、感染した乗組員の隔離が困難な窮状を訴える書簡を海軍上層部に送り、その書簡の内容がリークされてサンフランシスコ・クロニクル紙に掲載されたことから先週、解任された。そのクロージャー自身も、新型コロナの検査で陽性反応が出たと報じられた。 米海軍長官代行のトーマス・モドリーは、クロージャーの行動について、米軍に対する裏切りか、そうでなければ空母艦長としては「考えが甘く、愚か」だと叱責している。 この他、米海軍横須賀基地に寄港中の空母ロナルド・レーガン、ワシントン州の海軍基地を母校とする空母カール・ビンソン、空母ニミッツでも乗組員の感染が確認された。 米軍は、これまで中東やアフガニスタンなどの紛争地帯を重視してきたが、中国が軍事、経済、外交上の影響力を拡大していることから、次第に活動の中心をアジア太平洋地域に移している。 このため、米中両海軍の緊張は最近になって高まっている。 ===== 米海軍のコロナ感染が問題となっていた先月26日、中国と台湾を隔てる台湾海峡を米海軍の誘導ミサイル駆逐艦「マッキャンベル」が航行した。2月にはミサイル巡洋艦「チャンセラーズビル」が、また1月にはミサイル巡洋艦「シャイロー」が同様に台湾海峡を通過している。 米海軍のこの動きについて、中国国防省の任国強(レン・クオチアン)報道官は、「挑発的行為」だと非難した。さらに「いかなる外国勢力も台湾問題に介入することは絶対に許さない。(台湾)分離のいかなる試みも容認しない。人民解放軍は、全ての分離工作を阻止し、国家主権と領土統一を守る、意志と自信、能力を持っている」と述べた。 ほぼ同じ時期に、中国海軍は誘導ミサイルフリゲート艦2隻を投入した実弾演習を南シナ海で実施し、対潜水艦攻撃の訓練などを行っている。 =====