<新型コロナウイルスで問題になる「3密」が当てはまる映画館。だが、違った形で映画を上映しようという人びとが動き始めている> 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、世界中の映画館が営業休止を余儀なくされている。日本でも4月16日ついに緊急事態宣言が全国へと拡大された。7日に先行して出されていた7都府県では既に映画館が営業停止しているが、その他の地域の映画館も営業停止処置が進むとみられる。 そんななか、他人との接触を極力減らし映画鑑賞ができるドライブインシアターが今注目されている。 これまで日本では、ドライブインシアターは「大人のエンターテインメント」というイメージがあったようだ。たしかに自動車でないと参加できず、都市部では広い場所の確保が容易ではないため、開催は郊外で行われることが多く、そこまで出向く必要がある。こういった理由が「ドライブインシアター」=「大人のもの」というイメージにしたのかもしれない。 コロナショックで変わる日本のドライブインシアター しかし、新型コロナの影響で映画館が営業できなくなり、観客が自動車で隔てられるドライブインシアターがにわかに注目を集めるようになり、日本でもドライブインシアターに対するイメージが少し変わりつつある。 山梨のショッピングモールラザウォーク甲斐双葉では、今月4日・5日に野外駐車場でドライブインシアターが開催された。地元の映画館「塩山シネマ」などが主催したもので、料金は500円と格安で、子供から大人まで楽しめる映画「ペット2」が上映されたという。時間帯も18時半に上映を終了するところを見ると、ショッピングを終えて、または鑑賞後外食をして帰ってもらおうという企画意図かもしれない。「ロマンチックな大人のエンタメ」ではなく、「家族みんなで気兼ねなく映画鑑賞」という印象だ。 また、野外映画上映のプロ集団Outdoor Theater Japanは、SNSを通じ、47都道府県でドライブインシアターを行うと発表し話題を呼んでいる。イベントといえば都市部に集中し地方では開催されないことが多いが、全国で行われるとなると日本中で盛り上げてほしい企画である。 ドライブインシアターの開催を目標にしたクラウドファンディングも開始された。シアタープロデュースチームDo it Theaterは、「感染拡大防止という制約こそが、新しい試みを生み出すチャンス」としてドライブインシアターを開催する予定だ。4月1日から8月7日まで250万円を集め、大磯ロングビーチでの上映が目標だという。さらに上映だけではなく、集まった資金の一部は、ミニシアター・エイド基金と、国連財団COVID-19連帯対応基金に寄付することも発表されている。 その他、川崎や広島県神石高原町、お台場駐車場など全国各地でイベントとしてのドライブイン上映会の実施が増え続けている。 ===== ドライブスルー検査の韓国、ドライブインシアターは? 新型コロナウイルスの感染検査でドライブスルー方式が世界から注目を集めた韓国だが、ドライブインシアターはどうなっているだろうか? もともと映画好きな国民性である韓国では、現在も全国で20館ほどのドライブインシアターが営業中だ。首都圏にはソウルに1館、京畿道に9館が存在している。 一方、このように従来から営業しているドライブインシアター以外にも、新型コロナウイルスの感染拡大による映画館の営業停止をうけ、各地でドライブインシアターが開催されるようになってきた。京畿道安城市では、4月25日まで毎週金曜日と土曜日に日替わりで映画上映イベントを開催すると発表した。さらにソウル市瑞草区も同じく毎週末ドライブイン上映会を開くという。 その他にも京畿道果川市や慶尙北道盈德郡でも次々とドライブインシアター開催告知が行われている。これらに共通するのは、市民の娯楽のために自治体が率先して上映会を開いている点で、もちろん料金は無料である。入場時には体温確認などのチェックも行われ、更なる感染拡大の予防に十分注意を払っているようだ。 「クルーズ船」ターミナルが映画館に さらに今月15日には驚きのニュースが報道された。仁川市と仁川港湾公社は、仁川松島のクルーズ船ターミナルに約1億ウォン、仁川港内港1·8埠頭など主要港湾施設に1億5千万ウォンの予算を投じ、数百台規模のドライブインシアターに改装すると発表した。仁川港のクルーズ船ターミナルは、現在新型コロナの感染拡大によるクルーズ船の運行中断で休業状態となっており、使われていない期間にこれを活用して市民に娯楽を提供しようという試みだ。仁川港内港1·8埠頭は本格的な文化複合空間にリニューアルされる予定で、4月中旬以降にオープン予定だという。 ===== パラマウント・ドライブイン AP/YouTube ドライブインシアターの本場、アメリカは? 一方、車社会の本場アメリカでは意外なドライブインシアターの利用が話題となっている。今月はキリスト教のイベント、イースター(復活祭)があったが、これもドライブイン方式で開催され注目を集めている。他にも、週末の礼拝なども駐車場に設置されたドライブインシアターで行う教会もあるという。 アメリカでは、50年代から70年代頃がドライブインシアターのピークと言われ、その後徐々に数が減り続けていた。現在、稼働中の劇場は約300館(549スクリーン)と言われている。 しかし、今回の新型コロナウイルスの影響を受け、今こそドライブインの出番だと奮闘する会社も出てきた。テキサスを中心にドライブインシアターを展開しているEVO Entertainmentは無料上映で客を呼び、フードドリンクで利益を上げようとしている。もともと通常の映画館でも入場料より飲食代の利益が大きいと言われている。そこに注目し、無料でドライブインシアターを体験させ、人気復活にひと役買いながらしっかり収益を確保しているようだ。 ドライブインシアターは「人が集まる」ことなの? しかし、アメリカでは現在、感染予防策として5人から10人以上の人が集まることを禁止する州が増えている。果たして、ドライブインシアターはこれに含まれるのか、含まれないのか、グレイゾーンなのは確かだ。せっかくリバイバルブームの兆しを見せたのもつかの間、州や地域によって中止を言い渡された例もある。3月19日カリフォルニア州では、外出禁止令が出たと同時にパラマウント・ドライブインなど数カ所のドライブインシアターは営業停止をせざるを得なかった。 とはいえ、新型コロナの影響を受けて劇場公開が難しかった映画『トロールズ ミュージック☆パワー』は、ドライブインシアターとオンラインで封切を迎えるなど、公開延期になりそうだった作品を救った事例もある。衰退していたドライブインシアターも今回のコロナパニックの前と後では、その存在を見直されことになるかもしれない。 ===== コロナパニックが教えてくれたこと 無くなって改めてそのありがたみや重要性を知ることがある。昨今では「映画館なんて、NetflixのようなOTT全盛期に必要ないのでは?」という声も上がってきていた。しかし、自宅で外出自粛する期間が長引くと人々は映画をスクリーンで見るために、あの手この手を考えだしている。 今回の世界的な新型コロナウイルスによるパニックは、これまでの生活を見直すきっかけを作ってくれたが、その中の一つは、「やはり映画は映画館で観たい」と思う気持ちに気付いたことだった。NetflixやHuluといったOTT(ネット動画配信サービス)が根付いた今、人はなぜわざわざ「映画館」へ行きお金を払ってまで映画を観ることを求めるのか? それは真っ暗な空間にぽっかり開いた四角い穴を通し、想像力の異世界をのぞき見できるからだ。たった2時間のこの小旅行を、劇場に居合わせた赤の他人と一緒に共有できる、それこそが映画の真の醍醐味なのだ。 【関連記事】 ・東京都で新たに201人の新型コロナウイルス感染確認 1日で過去最多 ・新型コロナウイルス、モノの表面にはどのくらい残り続ける? ・コロナ対策の優等生、台湾の評価が急上昇 ・イタリア、新型コロナウイルス新規感染者は鈍化 死者なお高水準  ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年4月21日号(4月14日発売)は「日本人が知らない 休み方・休ませ方」特集。働き方改革は失敗だった? コロナ禍の在宅勤務が突き付ける課題。なぜ日本は休めない病なのか――。ほか「欧州封鎖解除は時期尚早」など新型コロナ関連記事も多数掲載。 ===== 本場のアメリカでは人が集まることで禁止となる例も 人が集まることを禁じた感染症対策に違反するとしてパラマウント・ドライブインなど上映禁止になったドライブインシアターも AssociatedPress / YouTube 熱心なキリスト教徒がいる韓国、礼拝もドライブインシアター形式で 熱心なキリスト教徒がいる韓国、礼拝もドライブインシアター形式で実施する教会も登場した SBS 뉴스 / YouTube