アメリカの失業率 過去最悪の14.7%に 米労働省雇用統計 | NHKニュース

アメリカの失業率 過去最悪の14.7%に 米労働省雇用統計 | NHKニュース

アメリカの先月の雇用統計が発表され、失業率は14.7%と、前の月の3倍以上の大幅な悪化となりました。これは統計を取り始めた72年前の1948年以降、最悪の水準で、新型コロナウイルスの感染拡大によって解雇の動きに拍車がかかっています。 これは、前の月の4.4%の3倍以上となり、統計を取り始めた72年前の1948年以降...

はてなブックマーク - アメリカの失業率 過去最悪の14.7%に 米労働省雇用統計 | NHKニュース はてなブックマークに追加