2020年のグラミー賞で主要4部門を独占したアメリカの若手シンガーソングライター、ビリー・アイリッシュと日本のアーティスト、村上隆がコラボレートしたユニクロのTシャツコレクションが、5月25日月曜日からオンラインで発売される。 ウィメンズ、メンズ、キッズで構成されるこのコレクションは、村上がデザインしたキャラクターと、アイリッシュにインスパイアされたイメージやアイリッシュの写真などがあしらわれている。アイリッシュの名前や、デビューアルバム『When We All Fall Asleep Where Do We Go?(ホエン・ウィ・オール・フォール・アスリープ、ホエア・ドゥ・ウィ・ゴー?)』のタイトル、アイリッシュのロゴとして使われている人のアイコン「ブローシュ」を採り入れている。 The #BillieEilishxMurakamiUT collection arrives 5/25/2020. Preview the designs now: https://t.co/546PnMQbnd @billieeilish @takashipom pic.twitter.com/ShrYkz5Icf— UNIQLO (@UniqloUSA) May 18, 2020 夢のような悪夢のような こうしたイメージは、アイリッシュのファンにはおなじみかもしれない。というのも、村上が手がけた「You Should See Me in a Crown(ユー・シュッド・シー・ミー・イン・ア・クラウン)」のミュージックビデオは、現在までにYouTube視聴回数が6900万回を超えているからだ。このビデオでは、アニメ化されたアイリッシュが蜘蛛に変身し、街を破壊して、村上のトレードマークである花々をしおれさせる。 村上独特の花々は、特別にデザインされた「Billie Eilish」という単語が入ったオリジナルロゴとともに、ユニクロのコレクションでも随所に登場する。 ユニクロはこのコラボレーションについて、ウェブサイトで次のように説明している。「UT(ユニクロのグラフィックTシャツ・ブランド)は、この才能あるデュオのコラボレーションを奇跡的に実現した。世界トップレベルで作品を量産する現代のアーティストとミュージシャンの感性が、ファッションを通じて融合し、それぞれの視点からわたしたちに新たな発見をもたらしてくれる」 ファーストリテイリングの「グローバルクリエイティブ統括」を務めるジョン・C・ジェイは、プレスリリースのなかでこう述べている。「ビリー・アイリッシュと村上隆。世界でもっとも影響力のあるクリエイターふたりが融合し、万人のためのアートの新しい表現を生み出した」 このコレクションは、5月25日にオンラインで発売される。 アイリッシュは2019年3月に17歳でデビューアルバムをリリース。ビルボード200チャートで初登場1位を獲得した。このアルバムは17か国で1位となり、デビューアルバムとしては2019年最多の売上枚数を記録した。 村上は、世界中の名だたる美術館で個展を開催し、ルイ・ヴィトンやVANSなどのファッションブランドと手を組んだプロジェクトや、カニエ・ウェストやファレル・ウィリアムスなどのミュージシャンとのコラボレーションで知られている。 (翻訳:ガリレオ) ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年5月26日号(5月19日発売)は「コロナ特効薬を探せ」特集。世界で30万人の命を奪った新型コロナウイルス。この闘いを制する治療薬とワクチン開発の最前線をルポ。 PLUS レムデジビル、アビガン、カレトラ......コロナに効く既存薬は? ===== The #BillieEilishxMurakamiUT collection arrives 5/25/2020. Preview the designs now: https://t.co/546PnMQbnd @billieeilish @takashipom pic.twitter.com/ShrYkz5Icf— UNIQLO (@UniqloUSA) May 18, 2020