<咳についての新しい研究で、現在推奨されている2メートルの対人距離では安心できないことがわかってきた> 新型コロナウイルス対策として、現在は2メートルの対人距離をとることが推奨されている。だがウイルスなどの病原体を運ぶ可能性がある唾液の飛沫から身を守るうえで、果たして十分な距離といえるのだろうか──こうした疑いを裏付ける研究が発表された。 キプロスにあるニコシア大学の研究者は、咳と唾液に関する既存のデータを使用して、さまざまな条件下で唾液の飛沫が空気中をどのように移動するか、コンピューターでシミュレーションした。 科学誌「液体の物理学」に掲載されたこの研究によれば、人が咳やくしゃみをすると、唾液は飛沫となり、次に湿気をふくんだ温かいガスの雲のようなものになるという。 この実験モデルでは、野外の環境における風速、飛沫の大きさ、咳をしたときの人の口の形、咳の強さ、継続時間などの要素を計算に入れた。唾液の温度、人間の口内と外気の温度、そして相対湿度も考慮された。 コンピューターのモデルによって、風速毎時4〜15キロの環境下で、唾液の飛沫は最大約6メートル飛ぶことがわかった。空気中の飛沫の濃度とサイズは、風下では減少するように見えた。 こうした唾液の動きからすると、飛沫の雲の影響は、その場にいる人の身長によって異なる可能性がある。この論文によれば、「飛沫の雲は落下するため、その軌道内にいる背の低い大人と子供は感染のリスクが比較的高くなるかもしれない」という。 <参考記事>「咳やくしゃみの飛沫は4メートル飛び、45分間、空中に留まる」との研究結果 飛沫の雲の状態に注目 さらに、このモデルでは、風速が高いときよりも、風速が低いときのほうが、飛沫の雲が小さくなるスピードが遅くなった。この現象は、飛沫の雲の近くにいる人は、長時間飛沫にさらされることを意味するかもしれない。 「この研究結果から、環境条件によっては、2メートルの対人距離は感染防止に十分とはいえない可能性があることがわかった」と、論文は述べている。 COVID-19(新型コロナウイルス感染症)対策としてこの研究はどう活用できるのか。 「野外では、風速と環境条件によっては、空気中の飛沫が社会的距離として推奨されている2メートルをはるかに超える空間まで漂うことがわかった。この発見は重要であり、市民も政策立案者も、留意する必要がある」と、論文の共同執筆者であるニコシア大学理工学部および医学部のディミトリス・ドリカキス教授は本誌に語った。 「人がウイルスを運ぶ飛沫の雲のなかに入った場合、どれだけの量にどれだけ曝露したかで感染のリスクは変わってくると思われる。したがって、長い距離をとっているのに感染する可能性があるのはどういう状況か、よりよく理解することが重要だ。この研究は、こうした理解を深める役に立つ」 <参考記事>ランニングや自転車、飛沫は遠くへ 最低10メートル開けて──仏スポーツ省が要請 ===== 「どういう条件の下で感染が起きるかを理解するためには、さらなる研究が必要だ」と、ドリカキスは続けた。 たとえば、飛沫が発生した時点での大きさと、さまざまな環境条件下での飛沫の蒸発速度の変化などを明らかにする必要がある。 「呼吸器疾患のある患者の激しい咳は、飛沫の生成と気道表面上の液体の分泌に影響を与え、咳の頻度を高める。これらの要因はさらに定量化して調査する必要がある」と、ドリカキスは説明する。 「さらに、感染が起きる曝露の量と時間はまだわかっていない。それは人によって異なるかもしれない」 英レディング大学のサイモン・クラーク准教授(細胞微生物学)は、この研究に参加していないが、こう述べている。「咳からの飛沫が2メートル以上移動する可能性があることはすでに知られている。だが、この新しい研究は、飛沫が空気中を移動する際の物理的メカニズムをより深く理解する洞察を与えてくれる」 「この研究によって確認できるのは、2メートルの対人距離ルールは、完全に感染を免れる方法ではなく、感染リスク減らすために人から離れる距離として妥当だから推奨されているということだ。2メートルは1メートルよりも安全で、10メートルまたは100メートル離れればなおいい。とはいえ、身を守る効果は離れた距離に比例するわけではない」 「この論文からくみ取るべき最も重要な点は、社会的距離に関するガイドラインを変更する必要があるということではない。むしろ、咳がどれほどウイルスを運ぶ飛沫を拡散させるかを理解することだ。咳が出るなら、治るまで家で待機したほうがいい。そして外出中に突然咳が出たら、口元を肘にあてて咳をすること。そして自宅に帰ってそこで待機するべきだ」と、クラークは力説する。 屋外でのリスクは計測困難 英レスター大学のジュリアン・タン准教授(呼吸学)は、「研究結果はそれほど意外ではない。風の向きによっては、吐き出す呼吸(呼吸、会話、咳、笑い、歌など)に伴って口から出た飛沫が他の人に到達する可能性がある」と語る。 「しかし、実際には、特に屋外では、その過程で飛沫は大幅に希釈されるため、どれだけの量のウイルスを、どれだけの量の飛沫が運ぶかは、場合によって変わってくるだろう」 「希釈係数が十分に大きければ、他人に到達するウイルスの実際の数は、感染や症状を引き起こすほど多くはないかもしれない。でも今回の研究は、2メートル離れるだけでは感染を完全に防ぐことはできないことを示しつつ、1メートル以上、あるいはまったく離れていなくても感染しない可能性があることを明らかにしている」と、タンは言う。 「感染リスクを一発で減らす決め手はないことに注意してほしい。マスクをすること、社会的距離をとること、ロックダウンといったひとつひとつの取り組みが、結局は、集団の感染を抑えることにつながる」 (翻訳:栗原紀子) ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年5月26日号(5月19日発売)は「コロナ特効薬を探せ」特集。世界で30万人の命を奪った新型コロナウイルス。この闘いを制する治療薬とワクチン開発の最前線をルポ。 PLUS レムデジビル、アビガン、カレトラ......コロナに効く既存薬は?