「最強節税法」著者が脱税 8億円超 所得隠し

「最強節税法」著者が脱税 8億円超 所得隠し

「最強節税法」と自らの著書で紹介していた税理士などが、2億円余りを脱税した疑いで東京国税局から告発された。 税理士の志賀公斗氏(38)と自らが実質的に経営する2つのコンサルティング会社は、不動産投資をめぐる消費税還付や、節税のコンサルタント業などで得た報酬について、架空の支払手数料を計上するといった手口...

はてなブックマーク - 「最強節税法」著者が脱税 8億円超 所得隠し はてなブックマークに追加