<女性が自分と性交したがらないために「不本意な禁欲」を強いられている。自分が不幸なのは、女にモテる男や、モテる男になびく女のせいだという身勝手な考えに基づく犯罪が増加している> カナダで2月に起きた女性刺殺事件に関連して、現地の警察は5月19日、10代の少年を殺人ではなくテロ容疑で起訴した。少年は、女性蔑視主義者「インセル」の運動の影響で事件を起こした可能性があると判明したからだ。インセルとは、「不本意な禁欲主義者(involuntary celibate)」の略で、恋人がいなくて禁欲を強いられているのは女性のせいだ、と考えるオンライングループの男性を指すことが多い。 容疑者(未成年のため身元非公表)は2020年2月、トロントにある風俗店で複数の女性を刃物で刺し、1人を殺害、2人に怪我をさせたとして、既に第一級殺人と殺人未遂の罪で訴追されていた。その後、容疑者がインセル運動の考え方に影響を受けて犯行に及んだ可能性を示す証拠が出たことで、当局は容疑を「テロ攻撃」に変更した。カナダで個人がインセル運動に関連する罪で訴追されるのは、今回が初めてのことだ。 カナダ騎馬警察は19日に発表した声明の中で、「この事件の容疑者は、インセルとして知られる、特定の思想に駆られた暴力的過激主義に感化されていた」と説明。「テロリズムは特定のグループや宗教、思想に限定される訳ではなく、さまざまな形を取るものだ」と述べた。 人間以下の「チャド」と「ステイシー」 インセル運動は、女性に拒絶されて「不本意な禁欲」を強いられていると考える多くの男性を引きつけてきた。そして徐々に、自分たちよりも異性とうまく付き合っている人々を憎悪する考え方を支持するようになっている。 彼らは、性的魅力があって女性とのセックスに不自由しない男性を「チャド」、チャドの魅力になびく女性が「ステイシー」と呼んで軽蔑している。チャドとステイシーという2つのステレオタイプについて否定的なコメントをネットに投稿し、女性たちは彼らよりも自分たちに魅力を感じるべきだと主張している。 女性を意味するインセル用語には「フィーモイド」もある。女性はセックスと権力への欲だけに駆られる、人間以下の生き物だという意味を込めた言葉だ。 インセル運動の思想は通常、オンラインフォーラムを通じて拡散される。たとえば人気ウェブサイトのレディットの場合、ユーザーが独自に「サブレディット(掲示板)」を作成して、その中でほぼあらゆる話題について自由に語り合うことができる。最近では、インセルは極右勢力「オルタナ右翼」と同一視されるようになっている。 <参考記事>介護施設で寝たきりの女性を妊娠させた看護師の男を逮捕 <参考記事>ニューヨーク当局が新型コロナ時代のセックス指針を公開「最も安全な相手は自分自身」 ===== インセルを動機とする暴力が広く知られるようになったのは、2014年にエリオット・ロジャー容疑者が起こした事件だった。ロジャーはカリフォルニア大学サンタバーバラ校の近くで6人を殺害し、14人に怪我を負わせた後に自殺した。彼は自伝風の声明文を残しており、他人に対する暴力的な衝動について説明していた。一部にはこの声明を、インセルのマニフェストと称する声もある。 ロジャーは声明文に、「女たちが俺に性的魅力を感じさえすれば幸せな人生になっていたのにと考えると、身体中が憎しみに燃え上がる」と書いていた。「女どもが俺から幸せな人生を奪った。だから仕返しに、あいつらの人生すべてを奪ってやる。それでやっと公平になる」 テキサス州公安局が1月に発表した報告によれば、インセルの男たちや、その哲学に感化された者による暴力事件は、増加傾向にあるようだ。 「女性に拒絶された怒りがエスカレートしてインセルに忠誠を誓うようになったり、さらに一歩踏み込もうとしたりする行動に変わる可能性がある」と報告書は指摘した。「その結果、インセル運動がテロ行為と見なされるまでになっているのだ」 ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年5月26日号(5月19日発売)は「コロナ特効薬を探せ」特集。世界で30万人の命を奪った新型コロナウイルス。この闘いを制する治療薬とワクチン開発の最前線をルポ。 PLUS レムデジビル、アビガン、カレトラ......コロナに効く既存薬は?