米Microsoftは5月19日(現地時間)、コーディングのリアルタイム共有ソリューション「Visual Studio Live Share」がチャットとオーディオをサポートしたと発表した。別にチャットツールを用意しなくても、「Visual Studio Live Share」だけで会話が行えるようになる。