■FRB、より明確なフォワードガイダンス協議=FOMC議事要旨 米連邦準備理事会(FRB)が20日公表した4月28─29日の連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨によると、政策当局者らは新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を受け、金融政策の効果を上げるために今後何ができ、何をすべきかという広範な議論を始めたことが分かった。 ■米ロウズ、第1四半期は増収増益 新型コロナ特需は縮小見込み 米ホームセンター大手ロウズが20日発表した第1・四半期(5月1日まで)決算は増収増益となった。新型コロナウイルス流行による行動制限を受けて日曜大工への支出が増えた。ただ、こうした傾向は今後数カ月で縮小するとの見方も示した。 ■中国のWHO拠出増、世界の損害に比べ「わずか」=米国務長官 ポンペオ米国務長官は20日、新型コロナウイルス流行が引き起こした損害を踏まえれば、中国がコロナ対応に向け拠出を表明した20億ドルは「微々たる」支援にすぎないとの見通しを示した。 ■米航空各社がコロナ対策強化、需要改善にらみ感染防止に腐心 米航空会社ジェットブルーとユナイテッド航空の親会社ユナイテッド・エアラインズ・ホールディングスは20日、新型コロナウイルスの感染防止に向け安全対策の強化を発表した。都市封鎖(ロックダウン)の緩和に伴い国内旅行需要の改善を見込む。 ■アップルとグーグル、新型コロナ追跡アプリの提供開始 米アップルとアルファベット傘下のグーグルは20日、共同開発する新型コロナウイルスの感染追跡アプリの提供を開始した。同アプリについては、世界23カ国から利用の要望があるという。 ■米NY市の低所得地域、新型コロナの打撃より深刻=知事 米ニューヨーク州のクオモ知事は20日、新型コロナウイルス抗体検査から、ニューヨーク市内の低所得地域で陽性率が平均よりも高いことが明らかになったと述べた。 ■ブラジル、抗マラリア薬のコロナ治療利用を拡大 専門家は警告 ブラジル保健省は20日、抗マラリア薬のヒドロキシクロロキンを新型コロナウイルス感染症患者に投与する際のガイドラインを更新し、より広範な利用を承認した。新型ウイルス感染に対する同薬の利用はボルソナロ大統領が推奨しているが、公衆衛生の専門家はリスクがあると警告している。 ■WHO、貧困国の新型コロナ感染拡大を懸念 世界保健機関(WHO)は20日、貧困国で新型コロナウイルスの感染が拡大していることに懸念を示した。 ■英中銀総裁、マイナス金利への反対姿勢軟化 評価は「賛否両論」 イングランド銀行(英中央銀行)のベイリー総裁は20日、新型コロナウイルス危機前に比べマイナス金利政策導入に反対する姿勢は軟化したものの、その有効性に関する評価については「賛否両論」と述べた。 【関連記事】 ・韓国クラスター発生の梨泰院、BTSメンバーら芸能人も 感染者追跡の陰で性的マイノリティへの差別も ・緊急事態宣言、31日前に解除も 21日に専門家から意見=菅官房長官 ・コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当局の科学者「恐ろしい」 ・第2次補正予算は13兆円前後か 一律現金給付第2弾は見送りも家賃支援に増額圧力 ===== ■カナダCPI、4月は0.2%下落 9年半ぶりマイナス カナダ統計局が20日発表した4月の消費者物価指数(CPI)は、前年同月比0.2%下落と、2009年9月(0.9%下落)以降で初のマイナスとなった。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を受け、エネルギー価格が下落した。 ■コロナ感染のサル、獲得免疫で再感染予防も ワクチン開発に朗報 新型コロナウイルスに感染したサルが回復後、獲得した免疫により再感染を免れ得ることが米研究チームの実験で分かった。ワクチン開発に朗報とみられる。 ■マハティール前首相、マレーシア新政権打倒を表明 野党共闘 マレーシアのマハティール前首相(94)は20日、後を継いだムヒディン首相の倒閣に向け全力を尽くすと述べた。2年前の総選挙で国民が支持しなかった汚職疑惑まみれの統一マレー国民組織(UMNO)を政権に復帰させたことを非難した。 ■ロイヤル・カリビアン、第2四半期は赤字想定 新型コロナが影響 クルーズ運航大手ロイヤル・カリビアン・クルーズは20日、第2・四半期は赤字になるとの見通しを示した。新型コロナウイルスの感染拡大を抑制する渡航制限を背景に旅行のキャンセルが相次ぐ中で、債務が膨らんでいるという。 ■英、コロナ追跡システムが6月1日稼働開始=首相 英国のジョンソン首相は20日、新型コロナウイルス検査で陽性反応を示した人と接触した可能性がある人を追跡するシステムが6月1日に稼働開始すると明らかにした。 ■トヨタとホンダ格下げ、新型コロナが自動車販売に打撃=S&P S&Pグローバル・レーティングは20日、トヨタ自動車の長期信用格付けを「AAマイナス」から「Aプラス」に、ホンダを「A」から「Aマイナス」にそれぞれ1段階引き下げた。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が「今後1─2年間の」世界的な自動車販売に打撃を与えるという。 ■G7首脳会議、通常形式で開催も ワシントン近郊で=トランプ氏 トランプ米大統領は20日、テレビ会議に切り替えて開催を予定していた6月の主要7カ国(G7)首脳会議について、ワシントン近郊で通常形式で開催する可能性を示唆した。 ■シンガポール、6月2日からチャンギ空港の乗り継ぎ許可 シンガポールの航空当局は20日、国際線の乗り継ぎハブのチャンギ空港について、6月2日から全ての乗り継ぎ客の通過を許可すると発表した。 ■トランプ氏、郵送投票巡りミシガン州批判 連邦資金保留も示唆 トランプ米大統領は20日、有権者全員に郵送投票の申請書を送付するミシガン州の計画は違法と主張し、同州への連邦資金提供を打ち切るとけん制した。 ■米イノビオのコロナワクチン、動物実験で抗体確認 米バイオ企業のイノビオ・ファーマシューティカルズは20日、マウスやモルモットを使った新型コロナウイルスワクチンの実験で抗体や免疫反応が確認されたと明らかにした。 【関連記事】 ・韓国クラスター発生の梨泰院、BTSメンバーら芸能人も 感染者追跡の陰で性的マイノリティへの差別も ・緊急事態宣言、31日前に解除も 21日に専門家から意見=菅官房長官 ・コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当局の科学者「恐ろしい」 ・第2次補正予算は13兆円前後か 一律現金給付第2弾は見送りも家賃支援に増額圧力 ===== ■英、国債入札で初のマイナス利回り マイナス金利観測拍車も 英国では20日に行われた国債入札で落札利回りが初のマイナスとなった。国債入札におけるマイナス利回りは、借金する国にもうけが出ることを意味する。イングランド銀行(英中銀)の当局者からはマイナス金利に前向きな発言も飛び出しており、中銀がこれまで消極的だったマイナス金利の導入に踏み切るとの観測が強まりそうだ。 ■中国シャオミ、第1四半期は13.6%増収 市場予想上回る 中国スマートフォンメーカー、小米集団(シャオミ)が20日発表した第1・四半期決算は、売上高が前年同期比13.6%増の497億元(70億ドル)となった。 ■印配車サービスのオラ、35%の人員削減へ 新型コロナで売上激減 ソフトバンクグループが出資するインドの配車サービス大手オラは、全体の35%に相当する1400人の人員を削減する。アガルワル最高経営責任者(CEO)が社員向けのメモで明らかにした。 ■独政府、ヘルスケア企業への敵対的TOBの阻止が可能に ドイツのメルケル内閣は20日、国内のヘルスケア企業に対する外国からの敵対的な株式公開買い付け(TOB)に拒否権を発動できるようにするための規制を承認した。新型コロナウイルス危機において必要不可欠な製品の供給維持を確保する狙いがある。 ■タイ中銀、政策金利を0.25%引き下げ過去最低に 4対3で決定 タイ中央銀行の金融政策委員会は20日の政策レビューで、主要政策金利の翌日物レポ金利を25ベーシスポイント(bp)引き下げ、過去最低となる0.50%とした。利下げは昨年8月以来5度目、今年に入って3度目。 ■ユーロ圏消費者物価、4月改定値は前年比+0.3% 4年ぶり低い伸び 欧州連合(EU)統計局が発表した2020年4月のユーロ圏消費者物価指数(HICP)改定値は前年同月比プラス0.3%で、ほぼ4年ぶりの低い伸びとなった。エネルギー価格の低下が影響し、速報値の前年比プラス0.4%から下方改定された。 ■台湾輸出受注、4月は2カ月連続で増加 テレワーク関連需要が堅調 台湾経済部が発表した4月の輸出受注は、市場の予想に反して2カ月連続で増加した。新型コロナウイルスの感染拡大を受けてラップトップといったテレワーク関連機器の需要が堅調だった。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【関連記事】 ・韓国クラスター発生の梨泰院、BTSメンバーら芸能人も 感染者追跡の陰で性的マイノリティへの差別も ・緊急事態宣言、31日前に解除も 21日に専門家から意見=菅官房長官 ・コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当局の科学者「恐ろしい」 ・第2次補正予算は13兆円前後か 一律現金給付第2弾は見送りも家賃支援に増額圧力   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年5月26日号(5月19日発売)は「コロナ特効薬を探せ」特集。世界で30万人の命を奪った新型コロナウイルス。この闘いを制する治療薬とワクチン開発の最前線をルポ。 PLUS レムデジビル、アビガン、カレトラ......コロナに効く既存薬は?