<新型コロナウイルスの感染拡大により中止もしくは延期された手術件数は、世界全体で2840万件以上と推定される...> 新型コロナウイルスの感染拡大に伴って世界各国で医療体制が逼迫し、がんをはじめ、新型コロナウイルス感染症以外の疾患の診療や治療にも甚大な影響が及んでいる。 71カ国359カ所の医療機関から情報収集し世界190カ国を推定 英バーミンガム大学の研究チームは、新型コロナウイルス感染症の流行ピーク期の12週間に延期された予定手術について71カ国359カ所の医療機関から情報収集し、統計モデルによって世界190カ国で中止された手術件数を推計。その研究成果を2020年5月12日、英医学誌「ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(BMJ)」で発表した。 これによると、新型コロナウイルスの感染拡大により中止もしくは延期された手術件数は、世界全体で2840万件以上と推定され、医療体制が逼迫し続ければ、さらに週あたり約240万件の手術が中止されるおそれがあるという。 新型コロナウイルス感染症の流行ピーク期の12週間で72.3%の予定手術が中止された。分野別にみると、整形手術が630万件と最も多く、がん手術も世界全体で232万件以上が中止または延期されている。この間に中止された手術を実施するためには、手術件数を流行拡大前に比べて20%増やした場合でも、平均45週間を要する。 臓器提供も著しく減少している 英国では、国営の国民保健サービス(NHS)が、2020年4月15日から少なくとも3ヶ月間、緊急性の低い予定手術を中止するよう通達を出し、これまでに、3万6000件のがん手術を含め、51万6000件の手術が中止された。NHSでは、今後、これらの手術の実施にあたって20億ポンド(約2640億円)以上のコストがかかるとみられる。 バーミンガム大学の上級講師であるアニール・バングー氏は「新型コロナウイルス感染症の流行ピーク期に予定手術を中止することで、患者が院内で新型コロナウイルスに感染するリスクを下げ、医療機関では、急増する新型コロナウイルス感染症患者の治療に対応しやすくなる」とする一方、「手術を待っている間に、患者の病状が悪化したり、QOL(生活の質)を下げてしまうおそれもある」と指摘している。 予定手術と同様に、新型コロナウイルスの感染拡大によって臓器提供数も減少している。米ペンシルバニア大学らの共同研究チームが5月11日に発表した研究論文によると、米国とフランスでは、新型コロナウイルス感染拡大により、心臓、肺、肝臓、腎臓の臓器提供が著しく減少しており、4月の臓器提供数は、フランスで対前年同月比91%減、米国で対前年同月比50%となっている。 ===== Elective surgery resumes today