米配車サービス大手のウーバー・テクノロジーズは21日、新型コロナウイルス危機対応を巡り、配車サービスのドライバーと料理宅配の配達員にこれまで支給した支援金の詳細を初めて明らかにした。 ウーバーのブログ投稿によると、新型コロナウイルスに感染したか隔離措置下にある世界のドライバー約4万8900人に、2週間分の資金援助として5月半ば時点で総額1900万ドルを支出した。 この金額の半分が米国とカナダのドライバー1万2350人に支払われた。北米はウーバー最大の市場で約130万人のドライバーを抱えている。3月半ばに発表した支援策で、北米のドライバーは平均650ドル程度を受け取ったが、都市ごとに限度額を設定し、これまでの賃金に基づいて算定したため、支給額は地域によって大きなばらつきがあった。 北米以外の国々での支給額の内訳は公表しなかったが、広報担当によると、支援金はウーバーが営業を行っている70カ国以上に及んでいる。 ウーバーは先にドライバーへのマスクと除菌剤の配布に5000万ドルを充て、約2800万枚のマスクを購入済みとしていた。これまでに約半数のドライバーと配達員がこれらの支給を受けたという。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【関連記事】 ・新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領 ・ワクチンができてもパンデミックが終わらない理由 ・緊急事態宣言、京都・大阪・兵庫を解除 東京など5都道県も専門家が25日に評価し解除可能に=安倍首相 ・コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当局の科学者「恐ろしい」   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年5月26日号(5月19日発売)は「コロナ特効薬を探せ」特集。世界で30万人の命を奪った新型コロナウイルス。この闘いを制する治療薬とワクチン開発の最前線をルポ。 PLUS レムデジビル、アビガン、カレトラ......コロナに効く既存薬は?