米Microsoftは5月21日(現地時間)、「GW-BASIC」をオープンソース化したと発表した。同社はすでに「MS-DOS 1.25」と「MS-DOS 2.0」のソースコードを“GitHub”で公開しているが、それに匹敵する歴史的遺産だ。