<ハッブル宇宙望遠鏡の修理にも携わった元飛行士が、宇宙で考えた孤独と絆と健康の意味> ハッブル宇宙望遠鏡は息をのむほど美しい天文画像を次々と地上へと届け、私たちの宇宙の認識に革命をもたらした。1990年4月24日の打ち上げから30周年を迎え、スペースシャトル「コロンビア」と「アトランティス」で2002年と09年にハッブルの修理に携わった元NASA宇宙飛行士のマイク・マッシミーノに、本誌アリストス・ジョージャウが話を聞いた。 ◇ ◇ ◇ ――宇宙飛行士の目から見て、ハッブル宇宙望遠鏡の重要性はどこにある? 2つの視点から見ることができると思う。1つは科学的成果。個人的には、これまでに作られた中で最も偉大な科学機器だと思う。訪れることが夢でしかなかった場所に私たちを連れていってくれた。天文学者だけではなく、一般の人たちもハッブルの画像を通じてその価値を理解できる。 技術的にも素晴らしい成果だと思う。ハッブルは大気圏外の真空を時速約2万8000キロで移動する驚異的な工学装置だ。望遠鏡の精度も圧倒的に高い。メンテナンスや修理は宇宙飛行士が行う前提で造られているが、作業時間は限られている。しかも宇宙服を着て視界が狭い状態で作業しなければならない。 ――あなたは実際に望遠鏡の修理を行った。 私は4回の宇宙飛行を経験しているが、どれも鮮明に覚えている。大きな期待と少しのストレスが入り交じっていたが、やるべき仕事に集中した。ハッブルは非常に繊細な装置なので、細心の注意を払わなければならなかった。 また、(ハッブルを修理できる)機会が数少ないことも分かっていた。特に最後のミッションでは、私たちがやらなければ二度とチャンスはなかった。だから、できるだけ多くのことをやろうとした。 宇宙遊泳をしているときの眺めは、宇宙全体が目の前に迫ってくるような、まさに特別な経験だった。 ===== ――宇宙から地球を見た経験から、世界でいま起きていることについて他の人々とは別の見方ができるのでは? 宇宙に行ったことで強く感じたのは、全ての人類が同じ「故郷」を共有しているということだ。この病気(新型コロナウイルス感染症)も、1つの町や州、国ではなく、全世界で発生している。だから忘れないでほしい。私たちは孤独ではないのだ、と。 ――あなたは宇宙飛行士として、多くの時間を孤独の中で過ごしてきた。今、家に閉じ籠もっている人々にアドバイスできることは? 人とのつながりを維持すること。毎日規則正しい生活をすること――起きて歯を磨き、運動をする。運動は体と同じぐらい、心の健康のためにも大切だと思う。仕事でも趣味でも、何かやる意味のあることを見つけるのも重要だ。 そして今、最も大切なのは健康を維持すること。スペースシャトルでは非常に狭い空間を7人で共有していた。その経験から学んだのは、他人の存在を意識してプライバシーを尊重することだ。ニューヨークのアパートを数人でシェアするのは、スペースシャトルを数人でシェアするのとよく似ている。 <本誌2020年5月19日号掲載> ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年5月26日号(5月19日発売)は「コロナ特効薬を探せ」特集。世界で30万人の命を奪った新型コロナウイルス。この闘いを制する治療薬とワクチン開発の最前線をルポ。 PLUS レムデジビル、アビガン、カレトラ......コロナに効く既存薬は?