木曽崇@「夜遊びの経済学」絶賛発売中! on Twitter: "ちなみに、今回法務省は黒川氏の麻雀賭博の「1回の勝ち負けは1人当たり数千円から2万円」を「社会の実情を見たところ必ずしも高額とは言えない」としていますが、最近起こった最も大きな麻雀賭博事犯(さん京都店の摘発)では一日2万円の負けを違法な賭博として認定した裁判例があります。"

木曽崇@「夜遊びの経済学」絶賛発売中! on Twitter: "ちなみに、今回法務省は黒川氏の麻雀賭博の「1回の勝ち負けは1人当たり数千円から2万円」を「社会の実情を見たところ必ずしも高額とは言えない」としていますが、最近起こった最も大きな麻雀賭博事犯(さん京都店の摘発)では一日2万円の負けを違法な賭博として認定した裁判例があります。"

ちなみに、今回法務省は黒川氏の麻雀賭博の「1回の勝ち負けは1人当たり数千円から2万円」を「社会の実情を見たところ必ずしも高額とは言えない」としていますが、最近起こった最も大きな麻雀賭博事犯(さん京都店の摘発)では一日2万円の負けを違法な賭博として認定した裁判例があります。

はてなブックマーク - 木曽崇@「夜遊びの経済学」絶賛発売中! on Twitter: "ちなみに、今回法務省は黒川氏の麻雀賭博の「1回の勝ち負けは1人当たり数千円から2万円」を「社会の実情を見たところ必ずしも高額とは言えない」としていますが、最近起こった最も大きな麻雀賭博事犯(さん京都店の摘発)では一日2万円の負けを違法な賭博として認定した裁判例があります。" はてなブックマークに追加