Image:日産自動車ニュースルームクルマ作りの技術が柿の種に活かされる!?日産が地元の伊勢原市とコラボし、「新型カキノタネ」の開発に成功しました。彼らは最新加工技術を駆使し、CAD/CAM設計と自動切削機を活用して金型を作成。これで同時に23種+伊勢原の大山を型抜きするのです。【お知らせ】日産自動車「新型#カキノタネ」を伊勢原市及び地元企業と共同で企画・製作https://t.co/OmlTq7