韓国産業通商資源省が発表した6月の貿易統計によると、輸出は前年比10.9%減少した。前月の23.6%減と比べると持ち直したが、ロイターがまとめた予想(7.8%減)よりも大幅なマイナスとなった。 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)と、ロックダウン(都市封鎖)で世界の需要が引き続き減退する中、韓国の輸出は4カ月連続で減少し、3カ月連続で2桁台のマイナスを記録している。 1営業日当たりの平均輸出は、6月は前年比18.5%減少。前月は18.3%減だった。今年6月は昨年6月よりも営業日が2日多い。 韓国の最大の貿易相手国である中国への輸出は、前年比9.5%増。米国向けは8.3%減、欧州連合(EU)向けは17.0%減少した。 HI投資証券のエコノミストは「感染第2波への警戒感から先進国の需要は急増が見込めず、輸出は第3・四半期を通じて低迷が続く可能性がある」と指摘。「回復は起きつつあるが、私は『W字型』になるとみる。財政支出が年後半に鈍化すれば、現在の勢いは失速するだろう」と述べた。 発表によると、6月の輸入は前年比11.4%減少した。前月は21.0%減、予想は9.6%減だった。6月の貿易収支は36億7000万ドルの黒字で、黒字額は前月の4億5000万ドルから拡大した。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【関連記事】 ・東京都、新型コロナウイルス新規感染54人を確認 6月の感染者998人に ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・今年は海やプールで泳いでもいいのか?──検証 ・韓国、環境対策で包装材削減に向けた「セット販売禁止法」で大混乱 発表2日で撤回へ.   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年7月7日号(6月30日発売)は「Black Lives Matter」特集。今回の黒人差別反対運動はいつもと違う――。黒人社会の慟哭、抗議拡大の理由、警察vs黒人の暗黒史。「人権軽視大国」アメリカがついに変わるのか。特別寄稿ウェスリー・ラウリー(ピュリツァー賞受賞ジャーナリスト)