<ラスベガスの代表的なカジノホテル「ルクソール」に廃業の噂が......コロナショックでラスベガスの景観が激変する> テーマパークのようなカジノリゾートが集まるラスベガスのなかでも、とりわけ威容を誇るピラミッド型ホテルが人気のカジノホテル「ルクソール・リゾート&カジノ」が、近く廃業するのではないかと見られている。親会社のMGMリゾーツ・インターナショナルが同ホテルの解体を検討していることが報じられた。 ルクソールは、同系列のカジノホテル「エクスカリバー」とともに、ここ5年ほど、廃業の噂が囁かされてきた。しかし、ラスベガスの情報サイト「バイタルベガス」によると、これまでは従業員組合の反対で廃業を免れてきた。 しかし、新型コロナウイルスによるカジノ業界への影響が深刻化するラスベガスで、ルクソールが早期に取り壊されるという見方が出ている。 外装維持が重い負担に バイタルベガスによるとMGMリゾーツは、近年テーマパーク型カジノリゾートの方針を変更しつつあり、2000年に「MGMグランド」の『オズの魔法使い』をテーマにした装飾を廃止したほか、フランス南部モナコのカジノ街をイメージした「モンテカルロ」も、2018年に落ち着いた装飾の「パークMGM」へと改装した。ルクソールの廃業も、こうした方針転換の延長線上にあると見られる。 ルクソールのピラミッド型ホテルは、2007年に3億ドルをかけて改装されたが、MGMリゾーツにとってホテルの外装維持の負担が重くなっていると報じられていて、これがホテル廃業の要因となりそうだ。 ラスベガスのカジノホテルが集中する大通り「ストリップ地区」で、ルクソールが開業したのは1993年。客室4000室と、約9400平方メートルの巨大なカジノスペースを備えている。開業当時の総工費は3億7500万ドル、30階建てのホテルは同地区で最も高い建築物だった。 MGMリゾーツはルクソールの解体を公式には発表していない。しかし、感染拡大によるラスベガスへの深刻な影響が続く現状では、ルクソールの今後の営業計画も変更せざるを得ないと見られている。 【話題の記事】 ・東京都と緊密に連携、直ちに緊急事態宣言出す状況にあらず=菅官房長官 ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・今年は海やプールで泳いでもいいのか?──検証 ・韓国、日本製品不買運動はどこへ? ニンテンドー「どうぶつの森」大ヒットが示すご都合主義.   =====