<今回の黒人差別反対運動の発端となったジョージ・フロイド事件の前にも、同じように警察の暴力で息子を失った女性がいた。その痛みと願いを本誌に寄稿。「Black Lives Matter」特集より> 私がジョージ・フロイドのことを知ったのは事件の翌朝だった。電話してきた記者から、彼がどのように亡くなったのかを聞いたとき、たちまち心に強烈な痛みを感じた。 思い出したのは2014年7月17日のことだ。その日、私の息子エリック・ガーナーは警官に腕で首を絞め付けられ、それが原因で死亡した。 涙があふれた。エリックに起きたことが、そのまま繰り返されたかのようだった。亡くなった男性が、息子と同じく「息ができない」と言ったと知ると、不気味な感覚に襲われた。彼が息をできなかった理由を知らされると、何もかもがいっぺんによみがえってきた。 フロイドは手錠を掛けられて地面に横たわった状態で、警官に喉元を膝で押さえ付けられた。ほかの警官3人が立って見ていた。エリックのように、彼は助けてくれと懇願した。到底理解できない出来事だった。 私にできたのはフロイドの遺族に胸の内を明かし、心からの同情と哀悼の気持ちを伝えることだけだった。彼らがどう感じているか、私には分かった。わずか6年前に同じ感情を味わったのだから。彼らを抱き締めることができたらと思った。彼らはあまりにも大きな悲しみと痛み、怒りを抱えている。 フロイドの遺族には、戦わなければ駄目だと伝えた。楽な戦いではないが、それでも彼らは諦めないと分かっている。私も諦めたりはしない。 記者などが今、私のコメントを欲しがる理由は理解できる。だがニュースになり、抗議活動を引き起こしている事件の犠牲者は氷山の一角だ。ほかにも大勢いるが、誰も証明できず、誰も公表しようとしなかった。 私たちアフリカ系アメリカ人の母親は日々、このトラウマと向き合っている。私たちの子供が暴行を受け、追われ、殺されている。ミネソタ州ミネアポリスで起きたフロイドの事件は、幸いにも撮影されていた。そうでないケースはいくつもある。 私たちは油断してはならない。どれほど苦しい戦いでも、続けなければならない。私たちの地元が事件の現場になっている。私たちを殺し、脅かして残忍に扱っても、大半の場合はなかったことにされる。だが私たちが力を合わせ、私たちは逃げないと知らしめれば、彼らはいずれ注意を払うだろう。 【参考記事】BLM運動=「全ての命が大事」ではない 日本に伝わらない複雑さ ===== 本物の変化はトップから始めなければならない。警察署長や市長や司令官は誰もが共犯者だ。武器を持たず、暴力による制圧を正当化できる行為を何もしていない人間が殺害されたり襲撃されたら、問答無用で加害者全員を即座に解雇すべきだ。 ミネアポリス市当局が行動を起こしたことは称賛する。フロイドの死亡現場にいた警官は全員免職・逮捕された。9分間近く、フロイドの首を押さえ付けた警官は第2級・第3級殺人罪と故殺罪で訴追されている。 とはいえ、これでは十分でない。4人全員が逮捕されたのは正義への小さな一歩だ。それでも彼ら全員に実刑判決が下されるまでは、私たちが求める正義は実現されない。 私たちは要求を続けなければならない。立ち上がって、言わなければならない。「もうたくさんだ。私たちを人間として尊重しなさい。私たちを脅かすことを、私たちの息子や娘を殺害することをやめなさい」と。 全面的に責任を問われることがないなら、それは正義ではない。 <2020年7月7日号「Black Lives Matter」特集より> 【話題の記事】 ・コロナ禍なのにではなく、コロナ禍だからBlack Lives Matter運動は広がった ・孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに ・コロナに感染して免疫ができたら再度感染することはない? ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年7月7日号(6月30日発売)は「Black Lives Matter」特集。今回の黒人差別反対運動はいつもと違う――。黒人社会の慟哭、抗議拡大の理由、警察vs黒人の暗黒史。「人権軽視大国」アメリカがついに変わるのか。特別寄稿ウェスリー・ラウリー(ピュリツァー賞受賞ジャーナリスト)