「産業革命前の水準から気温上昇を1.5℃のしきい値以下に抑えるためには、2030年までに温室効果ガス排出量を大幅に削減しなければならない」そのしきい値を5年以内に超えてしまう可能性が20%もあるんだとか。