米Oracleは9月15日(現地時間)、プログラミング言語「Java」の最新版「Java 15」を発表した。Java言語は今年で誕生から25周年を迎えるとのことで、公式マスコット“デューク(Duke)”の画像をダウンロードできる記念サイトや、四半世紀の区切りを祝うオンラインイベントが開催されている。