<自らもドキュメンタリー作家である伴野 智氏がアジアの優れたドキュメンタリー映画を紹介しようと立ち上げたネット配信サービス「アジアンドキュメンタリーズ」。ベトナム、イスラエル、ヨルダンの「民主の女神」を取り上げた最新の特集を伴野氏が紹介する> 香港の民主化運動で注目された「民主の女神」。流ちょうな日本語で中国当局の圧力を訴える活動家の周庭さんだ。まるで「隣家の女の子」のような親近感と権力に立ち向かう強さとのギャップが、日本人の心を掴んだ。良くも悪くも彼女のようなアイコニックな存在が、日本では社会問題への関心を高める一因になってきた。ならば、他にもいるアジアの「民主の女神」を取り上げよう。そんな狙いで、今月の特集「抗う女性たち」が決まった。 国民的スターから反逆者へ ベトナム人歌手マイ・コイ 日本では、「表現の自由」は当然の権利として意識することさえ少ない。しかし、アジアを見渡せば、いかに日本が恵まれた社会であるかにすぐ気づくだろう。ドキュメンタリー映画『マイ・コイと反逆者たち』(2019年製作・日本初公開・70分)は、「表現の自由」に無頓着な日本人への警鐘だ。 親日国として知られるベトナムは、グルメや観光の印象が強く、ネガティブなイメージは薄い。一方で、政権はベトナム共産党の一党独裁。表現、結社、集会、信教など国民の自由が制限されている。政権批判した環境運動家のレー・ディン・ロンさんは20年の禁固刑を言い渡された(2018年)。本作は、そんなベトナムの「闇」に斬り込む。 主人公のド・グエン・マイ・コイさんはベトナム人の女性シンガーソングライター。11歳で貧しい村を飛び出し、歌手として4枚のアルバムをリリースしたが鳴かず飛ばず。そんなとき、音楽教師の父親のアドバイスで、祖国ベトナムの美しさを称える歌を世に出し、大ヒット。ベトナムの「ソング・オブ・イヤー」を受賞(2010年)し、国民的大スターにまで駆け上がった。彼女は、財産、名声、そして何よりベトナム共産党の恩恵を受けた。国家行事にも呼ばれ、国営メディアはたびたび彼女を起用した。 しかし、彼女は自分の役割にむなしさを感じていたという。「表現の自由」が厳しく制限されていたからだ。「ベトナムで何が起きているか、真実を知ってもらいたい」。彼女は愛する国を変えるため、自分の気持ちを自分で語り、表現し始めた。 "ベトナムのレディー・ガガ"と呼ばれるようになった彼女は、無許可でアルバム『セルフィー・オーガズム』をリリースし、政府の逆鱗に触れてしまう。国民的スターが一夜にして国家の反逆者になってしまったのだ。やがて、彼女は劇場でも個人宅でも、歌うことを禁じられる。それでも秘密警察の監視をかいくぐり、彼女は歌い続けた。「私が声を上げることで、より多くの人が一緒に立ち上がってくれるかもしれない」。自由を求め、たった一人で国家権力に抗い続けるアーチストの生き様に、激しく心が揺さぶられる。 『マイ・コイと反逆者たち』予告編 監督からのメッセージ イスラエルを内側から変える 兵役拒否 18歳で誰もが兵役の義務を負うイスラエル。それが当たり前の社会において、義務に抗う若者たちが少しずつ増え始めている。ドキュメンタリー映画『兵役拒否』(2019年製作・日本初公開・75分)は、そんなひとりの若い女性と家族の思いに迫った。 「"拒否なら私にもできる"って気付いたの」。そう語るのは、高校を卒業したばかりのアタルヤ・ベン=アッバさん。彼女は軍人一家に育ち、大きくなったら自分も兵士になると信じていた。そんな彼女が兵役を拒否するという。当然ながら家族は猛反対。なぜなら、兵役拒否者は軍事刑務所へ投獄されるからだ。イスラエルでは、兵役を拒むことは罪であり、社会的にも恥。臆病者のレッテルを貼られ、全ての兵士に対する侮辱だと罵られる。 兵役を拒否したアタルヤ・ベン=アッバさん 一方で、彼女はイスラエルとパレスチナの平和のため、占領を終わらせるべきと考えていた。軍の占領地を何度も訪れ、そこで目にした実情が彼女を突き動かしたのだ。「平等ではない」というのが彼女の結論だった。暴力が暴力を生み、無限のサイクルに陥っている。イスラエル人とパレスチナ人の協力こそが、恐怖と憎しみから逃れられる唯一の道だと感じていた。 「今、兵役拒否をする人の多くは女性なの。彼女たちは、自由と平等のために闘っているの」 パレスチナ占領政策への反対、ユダヤ人とパレスチナ人が平等に暮らす国を求める考え、軍隊そのものを否定する徹底的平和主義、イスラエル建国に対する疑問など、イスラエルでは「危険思想」とさえされる考えを若者たちが議論し始めている現状は、今後この国にもたらされる大きな変化の予兆ではないか。そして実際に、兵士たちにも占領地での軍務を拒否する動きが出てきている。ひとりの反抗が共感を生み、社会の変革へとつながる。今、内側からイスラエルが変わろうとしているのかもしれない。 『兵役拒否』予告編 アタルヤさん、監督からのメッセージ ===== 奮闘するヨルダン初の女性配管工たち しなやかに、したたかに生きる アラブの女性たち ヨルダンで、漏水の修理や貯水タンクの洗浄の他、水の扱い方を主婦に教える女性の配管工たちがいる。ドキュメンタリー映画『水漏れとはサヨナラ!』(2019年製作・日本初公開・90分)は、変化を起こそうと立ち上がった彼女たちの奮闘を記録した作品だ。 そもそも配管工は男の仕事とされるヨルダンでは、女性配管工の存在自体が驚きだ。彼女たちは、ヨルダン初の女性配管工としてNGOを設立し、女性向けの人材育成も行っている。メンバーの一人は夫を亡くした後、3人の子どもを養うため、女性配管工になることを決意したという。 女性の自立のために配管工に着眼した点が面白いのはアラブ社会独特の事情がある。男女が密室に2人きりでいることが違法なのだ。家にいる女性のもとに男性配管工が来ても、家には上げられない。しかし、女性配管工がいれば万事解決する。配管工を呼ぶために夫を帰宅させるのではなく、女性だけで問題を解決できるのだ。ヨルダンの労働人口の女性の割合は約25%だが、女性配管工のニーズは今後ますます高まっていくだろう。社会のニーズに合わせて女性が活躍していけば、規範や古い常識も上手く突破していくことができる。しなやかに、したたかに生きるアラブの女性たちの挑戦は、まだ始まったばかりだ。 『水漏れとはサヨナラ!』予告編 驚くべき反骨精神、その強さに勇気をもらおう ドキュメンタリー映画の醍醐味は、人間が人間をみつめるということ。3作品に登場する女性たちは、驚くべき反骨精神で信念を貫き、それぞれの社会で生きている。彼女たちが苦悩しながら、ときにあっけらかんと現実に向きあえるのは希望があるからだ。人間は、希望があるから闘えるのだとあらためて気づかされる。映画を通して「抗う女性たち」に勇気をもらおう。 アジアンドキュメンタリーズ 優れたアジアのドキュメンタリー映画を配信 月額見放題990円/単品購入495円 ご視聴はこちらのウェブサイトへ asiandocs.co.jp 伴野 智 株式会社アジアンドキュメンタリーズ 代表取締役社長 兼 編集責任者。2018年8月に動画配信サービスを立ち上げて以来、ドキュメンタリー映画のキュレーターとして、独自の視点でアジアの社会問題に鋭く斬りこむ作品を日本に配信。ドキュメンタリー作家としては、ギャラクシー賞、映文連アワードグランプリなどの受賞実績がある。