<「史上最悪の討論会」に続いて行われた、樹脂ガラス越しの米副大統領候補討論会。どちらもパフォーマンスは合格点だったとされ、ペンスの髪に止まったハエにも注目が集まったが、この議論は選挙をどう変えるか> 10月7日に行われた米副大統領候補の討論会で、共和党のマイク・ペンス副大統領は民主党のカマラ・ハリス上院議員を相手にドナルド・トランプ大統領をうまく擁護した。 もっとも、大統領選はジョー・バイデン前副大統領がトランプをリードしており、それを脅かすほどの発言はなかった。 政権が警察の権力行使を支持していると語るペンスの髪にハエが止まったときも、ハエは2分間じっとしていた。まるで見て見ぬふりをすることのできない、トランプ政権の数々の失策のように。 90分間の討論会は、大統領候補の討論会という嵐の後の静けさだった。2人とも相手の発言に口を挟むことは最小限に抑えつつ、「事実」の中身をめぐり火花を散らした。 ハリスは、ジャマイカ人の父とインド人の母の娘としての個人的な物語を共有する機会を捉え、得点を稼いだ。 ペンスは一貫して、トランプ政権は国民のために戦っていると擁護した。批判を浴びている新型コロナウイルス対策についても、もっと悲惨な状況になっていた可能性があるという論理で応戦した。 連邦最高裁判事の指名をめぐり、バイデンは当選したら判事の定員を増やすつもりなのかと繰り返し質問するなど、ペンスの論点ずらしは芸術的だった。経済とは関係がなさそうな議題でも、バイデン政権が普通の市民に与え得る経済的な影響に話を戻した。 ペンスがいつもの堅苦しい態度と落ち着いた口調で通したのに対し、ハリスは司会者が自分のことを敬称なしで呼ぶという失礼なミスをしたのをかばい、自分は有権者と同じ普通の人間だというメッセージを送った。 だが、ペンスの安定感が、より伝統的な政治家を好む有権者にとって、トランプに必要なバランスになることは言うまでもない。 パフォーマンスは合格 副大統領候補の討論会は基本的に目立たないものだが、今年は違う。先に行われた大統領候補の1回目の討論会は、互いに相手より大きな声で話そうとするばかりだった。 そこで、大統領選後にアメリカはどうなるのか、ペンスとハリスが語るのではないかと注目が集まったのかもしれない。 ===== 樹脂ガラス越しの討論会の主役は、新型コロナだった。ハリスはトランプ政権の対応を、米国史上「あらゆる政権の中で最大の失敗」と強く批判。ボブ・ウッドワードの新著を引いて、トランプが早くから流行の深刻さを知らされていたことを指摘した。 ホワイトハウスの新型コロナ対策本部長を務めるペンスは、中国からの入国制限措置の効果を強調し、米国立アレルギー・感染症研究所のアンソニー・ファウチ所長からも称賛されたと念押しした。 どちらの候補者も、答えたくない質問は巧妙にかわし、時にはあからさまに答えようとしなかった。それでも有権者は、バイデンとトランプの討論会よりはるかに多くのことを学んだはずだ。 総じてハリスは求められたパフォーマンスをし、ペンスのほうがほんの少し上手だった。もっとも、衝撃的な場面もなく、有権者の心を変えるほどではなさそうだ。 今回の討論会の勝者は、世論調査でリードを広げているバイデンだ。 <2020年10月20日号掲載> ===== 討論会の最中、ペンスの頭に止まったハエが注目を集めた(動画の0:24から) C-SPAN-YouTube