加藤勝信官房長官は13日午後の記者会見で、尖閣諸島(中国名:釣魚島)周辺の日本領海内に中国の公船2隻が11日午前からとどまっていることについて「侵入から丸2日以上、こうした状況が続いていることは遺憾」と述べた。海上保安庁の巡視船が繰り返し退去要求を実施するとともに、外交ルートを通じて中国側に厳重に抗議しているとした。13日午前も東京、北京で速やかに日本の領海から退去するよう強く求めたという。 第11管区海上保安本部(那覇市)によると、中国公船の連続滞在時間は13日午後3時時点で52時間を超えた。2012年に日本政府が尖閣諸島を国有化して以降、最長記録となっている。 利用急増で割引率引き下げの動きが出たGotoトラベル事業については「観光庁が既存の予算の中で、機動的に予算枠の追加配分を行う」と述べた。 加藤官房長官は、追加経済対策について「経済状況や新型コロナウイルス感染症の状況を注視し、必要があれば躊躇(ちゅうちょ)なく臨機応変に経済への対策を行っていく」とする一方、「緊要なものについてはコロナ対策予備費の残額をまず活用する」と語った。 (和田崇彦 編集:山川薫)[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます