ロイター/イプソスが13日に公表した米大統領選に関する世論調査によると、激戦州のミシガン州で民主党のバイデン前副大統領が共和党のトランプ大統領に対するリードを保つ一方、ノースカロライナ州では支持率が拮抗している。 10月7─13日に実施した調査によると、ミシガン州ではバイデン氏の支持率が51%、トランプ氏が43%と、前週から変わらず。ノースカロライナ州ではバイデン氏が48%、トランプ氏が47%となった。前週は両氏の支持率が47%で並んでいた。 新型コロナウイルスへの対応に関する質問では、バイデン氏のほうがうまく対応できるとの回答がミシガン州で51%、ノースカロライナ州で47%だったのに対し、トランプ氏のほうがうまく対応できるとの回答はそれぞれ41%と45%だった。 経済運営については、トランプ氏のほうがうまく対応できるとの回答がミシガン州で47%、ノースカロライナ州で52%だったのに対し、バイデン氏のほうがうまく対応できるとの回答はそれぞれ46%と42%だった。 ロイター/イプソスは、激戦州のウィスコンシン、ペンシルベニア、ミシガン、ノースカロライナ、フロリダ、アリゾナ各州で、投票する可能性の高い有権者を対象に調査を実施。既に投票を済ませた有権者も含まれている。 ウィスコンシン州とペンシルベニア州では、10月6─11日に実施した調査でバイデン氏がトランプ氏に対するリードを広げた。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます