<アメリカとの同盟関係を称えたBTSのメッセージに中国が横やり> K-POPアイドルといえば、韓国国内だけに留まらず、グローバルに活躍することで有名だ。しかし、その分、政治的な発言や行動には十分な注意が必要であり、影響力があるグループであればあるほど批判もされやすい。 今年、韓国人アーティストとして初めて米ビルボードチャートで1位を獲得したBTS防弾少年団は、2018年に続き、先月2度目の国連でスピーチを行うなど、世界を舞台に活躍するアイドルの代表となった。 そんなBTSだが、今回ある授賞式で行ったリーダーRMの発言が中国で波紋を広げている。 中国でも圧倒的なファンを誇るBTS K-POPの人気が高い中国では、BTSももちろん広く親しまれているアーティストである。先月1日、メンバーの一人ジョングクの誕生日に合わせて、中国の彼のファンクラブ会員約140万名がお金を出し合い、韓国の高速鉄道KTXの全20車両388メートルのラッピング広告を行ったことが話題となった。 韓国ではファンが、大好きなアイドルや俳優たちのためにお金を集めて広告費を出して誕生日を祝うことは有名だが、この規模は前代未聞だ。依頼したファンクラブ側と、KTX広告担当者の橋渡しを請け負った広告代理店MAMIL AD.comによると、ジョングクの誕生日である9月1日から10月4日までの広告掲載費用は、およそ8000万ウォンに上ったという。 このように、中国ファン達からも愛されているBTSだが、韓国と中国とのはざまで一体何が起こっているのだろうか。 70年前の戦争が今も尾を引く韓中 ことの発端は、10月7日に行われた"2020 Van Fleet Award"授賞式だった。これは、米韓関係の発展に貢献した人びとを表彰し称えるもので、今年は新型コロナウイルスの感染拡大のため、オンラインにて行われた。 受賞者には、BTSの他に大韓商工会議所(KCCI)や、朝鮮戦争に参加した米国兵士たちも一緒に受賞者として名を連ねていた。 受賞の喜びを一人づつコメントした際、BTSのリーダーRMは英語で、「今年は朝鮮戦争70周年です。私たちは両国が共に経験した苦難の歴史と、多くの男性と女性の犠牲を記憶しなければならない」と発言した。これについて、特に"(米韓)両国が経験した苦難の歴史"という部分が、中国の一部のネット民たちの怒りを買ってしまったという。 その後、中国国営メディア「環球時報」は、「韓国と米国を "我が両国(our two nations)"という単語を使用し、(苦難の歴史と言ったことは)つまり、朝鮮戦争時の中国軍人の高貴な犠牲を無視したということになる」「BTSは、"抗美援朝"(=米国に対抗し北朝鮮を助けるという意味) の歴史をよく理解しないまま、中国を侮辱している」「国家尊厳に触れたことは絶対に容認することができない」などの反応があったことを伝えた。 これを受ける形で中国外交部報道局副局長である趙立堅も、会見でこの問題にに触れ、「関連報道と中国ネットユーザー達の反応には注視している。 歴史を模範として未来に向かいつつ平和的友好を図るには、共に追求し努力する必要がある」と語った。 ===== 香港の民主活動家の黄之鋒もコメント その後、香港の民主化活動家として知られる黄之鋒(ジョシュア・ウォン)もこの問題に言及し注目を集めている。彼は14日、自身のツイッターを通じ、「BTS発言の背後には、中国の民族主義と中国と他国間の緊張が高まっている兆しがあると言える」と発言した。 また一方で、今回の騒動がきっかけで、韓国内での反中議論発展を恐れてか、中国当局が関連SNS投稿を一部削除したのではないかという指摘が出るなど、波紋が広がっている。 さらに、「ARMY」と呼ばれるBTSのファンへの暴行事件まで発生してしまった。13日、中国のツイッターであるウェイボーに投稿されたあるファンの書き込みによると、BTSファンであるコメント投稿者は、BTSのファングッズであるスマホケースを利用していたのだが、それを見た人物が突然暴襲いかかってきたという。 被害者は足の骨が骨折し、顔にひどい傷を負っており全治一カ月と診断されたと投稿している。 今回の一連の騒動後、サムスン電子グループ、現代自動車グループ、スポーツ系ファッションブランド・フィラ(FILA)などが、急遽中国国内でのBTSを起用した広告及びプロモーションを中止したことを発表した。このように、たった一言のコメントが、政治や広告業界にも大きな影響を出し始めている状態だ。 重箱の隅をつつき韓流スターにかみつく中国ネット民 実は、中国ネット民たちが、こういった理由で韓国芸能人を攻撃するのは今回が初めてではない。 最近でいうと、今年の8月イ・ヒョリ氏がバラエティー番組『何して遊ぶ?(놀면 뭐하니?)』のあるコーナーで、キャラクターのネーミングを考えた際、「マオはどう?」と言ったそのひと言で大炎上してしまった。 「"マオ"という名前は、毛沢東前国家主席を連想させる」ということで、ヒョリ氏のSNSは一時中国側からの誹謗中傷が殺到した。後に制作陣から、「特定人物を意味する意図は全くなかった」と謝罪がなされた。 また、2016年には日本でも人気の高いTWICEの台湾人メンバー・ツウィの行動がきっかけで大炎上したことがあった。 ツウィは、人気バラエティー番組『マイ・リトル・テレビジョン』に出演した際、台湾の国旗を手に持って出演したのだが、台湾を国と認めない中国ではこれが大問題になり、不買運動にまで発展。当時、ツウィをCMモデルに起用していた通信会社LG U+は広告削除するまでに至った。後に、ツウィはSNS上で文と動画で謝罪している。 このように、これまでにもさまざまなスターが中国ネット民の標的にされている。暴行や誹謗中傷書き込みを行っているのは、一部の過激なネット民だと思うが、THAAD配備などの潜在的な問題がある両国だけに、今後も中国による韓流スターへの批判が再燃する可能性は十分ありえるだろう。 ===== 問題となったBTSのコメント(動画内1分10秒から) 一連の炎上騒動を伝える韓国メディアより KBS News / YouTube