100年以上も低温下の現象とされた「超伝導」を室温で発生させることに成功 - GIGAZINE

100年以上も低温下の現象とされた「超伝導」を室温で発生させることに成功 - GIGAZINE

By Argonne National Laboratory 「超伝導」とは特定の金属や化合物を冷却した際、その物質の電気抵抗がゼロになるという現象です。超伝導が発見された1911年以来、超伝導は「低温下で発生するもの」とされ、最高でも摂氏マイナス23度の環境下で発生していました。しかし、アメリカ・ロチェスター大学の研究チームにより...

はてなブックマーク - 100年以上も低温下の現象とされた「超伝導」を室温で発生させることに成功 - GIGAZINE はてなブックマークに追加