フィンランドのULは10月15日(現地時間)、クロスプラットフォーム対応のベンチマーク「3DMark Wild Life」を発表した。Windows/iOS/Androidに対応しており、最新のスマートフォン、タブレット、ノートブックのグラフィックス性能をテストし、比較できる。