普段の業務で、CSV形式のファイルを扱ったことのある人は少なくないのではないでしょうか。CSVはComma Separated Valueの略で、文字どおり「カンマ(Comma)で区切られた(Separated)値(Value)」が入力されたファイルのことを指します。CSV形式のファイルは、特定のアプリケーションに限定されることなく、さまざまなソフトやアプリケーションで使えるので、アプリ間でやり取りする際に使われることが多いです。