インフレデータ間近でビットコイン堅調~大きな転換点か、さらなる暴落か?

投資家がインフレ率に慎重な姿勢を崩さず、ビットコインは19,000ドルをキープ。

インフレ率が予想より速く上昇した場合、価格はさらに弱まる可能性がある。

ビットコインは依然として長期志向の投資家が保有している。

ビットコインBTC/USDはプレスタイム現在、19,796ドルで取引されています。この水準はすでにサポートゾーンとなっている。世界最大の暗号通貨は1カ月間、このレベルを維持している。それは、最近の下落の後、投資家が暗号通貨を周っていることを示すものです。しかし、水曜日のインフレデータは、ウォール街が密接に監視する主要なイベントとなります。

米国労働省による水曜日のインフレデータは、6月に物価がどのように跳ね上がったかを示すでしょう。インフレ率の上昇は、FRBの政策引き締めの動きを加速させることになり、市場を刺激する。ビットコインは、数字が予測を上回れば、19,000ドルの圧力を受けることになる。同様に、価格の冷え込みを示すデータがあれば、ビットコインは19,000ドルのレベルを維持し続けることができる。

ビットコインには圧力がかかっているが、長期的な視点に立つ投資家は回復を確信している。Coinbase Analyticsのデータによると、投資家は暗号通貨の供給量の77%を保有しています。この数字は1月のピーク時の80%に近く、2017年後半のブルランの60%よりも高い。コインベースの機関投資家リサーチ責任者であるDavid Duong氏は、短期トレーダーがほとんどの売りを占めているという。インフレデータがビットコイン価格に影響を与えるのに対し、投資家は依然として19,000ドルに機会を見出すはずだ。

Contents

ビットコインは19,000ドルのサポートを維持する

テクニカル的には、MACDと移動平均線がビットコインの弱気シグナルをフラッシュしています。しかし、暗号通貨は支持を維持している。インフレの数字がさらに大きくなれば、ビットコインはスライドする可能性があります。次のサポートは約11,500ドルです。ビットコインは非常に不安定な暗号通貨であるため、価格は次のサポートの前にまだ回復する可能性があります。

まとめ

ビットコインはボラティリティが高いため、長期的なホールドをお勧めします。高いインフレはさらなる下落につながる可能性がある。インフレが冷え込めば、サポートゾーンから価格が回復する可能性があります。

この記事はcoinjournalを翻訳したものになります。

投資は自己責任で。

仮想を購入できる取引所
MEXC

Follow me!