re

全国ニュース

「アメリカ政治」の記事一覧

米共和トップのマコネル上院院内総務、円滑な政権移行を強調 トランプ発言に否定的

トランプ米大統領が、大統領選でジョー・バイデン氏が勝利した場合でも平和的な政権交代に協力するという確約を拒んだことに対し、マコネル上院院内総務が「円滑な政権移行が行われる」と強調するなど、複数の共和党議員から否定的な反応が出ている。 トランプ大統領は前日、大統領選で野党民主党候補のバイデン前副大統領に敗北した場合、平和的な政権交代にコミットするかどうかについて明言を避け、「何が起きるか見る必要があるだろう」と述べた。 マコネル氏は24日にツイッターへの投稿で「11月3日の選挙での勝者が1月20日に就...

トランプ、ギンズバーグ最高裁判事の後任25日にも発表 選挙前の承認目指す

トランプ米大統領は21日、18日に死去したルース・ギンズバーグ最高裁判事の後任を26日までに発表する方針を示した。大統領選前の最高裁判事人事を巡っては、野党民主党が反対しているほか、共和党内からも一部で消極的な声が上がっているものの、トランプ大統領は選挙前に議会での指名承認採決に持ち込みたい考えだ。 トランプ氏はホワイトハウスで記者団に対し、検討している候補5人のうち1─2人に絞りつつあることを明らかにした。共和党が多数派の上院に対し、指名承認採決を11月3日の大統領選前に実施するよう呼び掛け、「選...

米最高裁リベラル派女性判事ギンズバーグ死去 大統領選控え後任が焦点

米最高裁判所のリベラル派女性判事、ルース・ギンズバーグ氏が18日、すい臓がんによる合併症のため死去した。トランプ大統領は来週後任を指名すると表明。米国社会の分断が進む中、後任人事次第で最高裁判事の構成はさらに保守化する可能性がある。 ギンズバーグ氏はワシントンの自宅で、親族に見守られて死去した。87歳だった。最高裁が明らかにした。 1993年から最高裁判事を務めた同氏は女性の権利拡大を推進し、リベラル派の象徴的な存在だった。現在の最高裁判事の中で最高齢で、判事を務めた期間はトーマス判事に次いで長い。...

トランプ「来年4月までに全国民分のコロナワクチン確保できる」

トランプ米大統領は18日、来年4月までに全国民分の新型コロナウイルスワクチンが利用可能になるとの見通しを示した。 トランプ氏は記者会見で「毎月、何億回分ものワクチンが利用可能になり、4月までには全国民分の十分なワクチンが確保できる見込みだ」と述べた。 また、ワクチンは当局による承認後、24時間以内に配布を開始するとし、「短期間で安全かつ効果的なワクチンを手に入れ、ウイルスを打ち負かす」とした。 トランプ氏は16日、10月かそれより少し後にコロナワクチンの供給開始が可能になる見通しで、米国では年末ま...

ペンスの元部下が怒りの内部告発「トランプはアメリカの安全をぶち壊す」

<ホワイトハウスの新型コロナ対策タスクフォース元メンバーが語った、コロナの深刻さを隠蔽し自分の支持者すら馬鹿にするトランプの人格崩壊ぶり> ドナルド・トランプ米大統領の再選に反対する内部告発者のリストは長くなる一方だ。直近では新型コロナウイルス対策のタスクフォースでマイク・ペンス副大統領に仕えた元部下が、「トランプはアメリカの安全をぶち壊す」大統領と告発して注目されている。 この人物は、ペンスが率いる新型コロナ対策タスクフォースの主要メンバー、オリビア・トロイ。今回の告発は、最近の一連の告発と共に、...

トランプ「コロナワクチン、年内に1億回分供給も」 CDC所長見解と正反対の発言

トランプ米大統領は16日、新型コロナウイルスワクチンの供給に関して10月かそれより少し後に開始が可能になると思うと述べ、米国では2020年末までに少なくとも1億回分を供給できる可能性があるとの見方を示した。 米疾病対策センター(CDC)のレッドフィールド所長はこの数時間前に、米国内で新型コロナワクチンの幅広い配布が可能になるのは2021年半ばかその少し後との見通しを示しており、矛盾する発言となった。トランプ氏はこれについて、同所長は「勘違い」したのだろうと一蹴した。 トランプ氏は記者会見で「米食品医...

伝説のジャーナリストのトランプ本『怒り』に同業者から非難殺到

<トランプが国民にコロナに関する真実を伝えていなかったことを明らかにしたボブ・ウッドワードの新著だが、大統領だけでなくウッドワードにも厳しい声が> 新型コロナウイルスの脅威を早期に認識していながら、国民に真実を伝えなかったとしてトランプ米大統領への批判が高まるなか、その事実を明かした著名ジャーナリストのボブ・ウッドワードにも厳しい視線が注がれている。 9月15日のウッドワードの新著『怒り』の出版に先立ってワシントン・ポスト紙が掲載した本の抜粋によれば、トランプはアメリカで感染が広がる以前の1月28日...

9.11米同時多発攻撃から19年 コロナ禍のNYなどで追悼式典

約3000人が犠牲になった2001年9月の米同時多発攻撃から19年を迎えた11日、各地で追悼式典が開かれ、ニューヨークの式典にはペンス副大統領のほか、大統領選の民主党候補、バイデン前副大統領らが参列した。トランプ大統領はペンシルベニア州シャンクスビルで開かれた式典に参列した。 ニューヨークの世界貿易センター(WTC)の2棟の高層ビルにハイジャックされた旅客機2機が突っ込んだ朝とは対象的に、この日のニューヨークは曇り空。新型コロナウイルス感染拡大を受け例年よりも規模が縮小された式典には、ニューヨーク州...

インド系カマラ・ハリスが副大統領になってもインドと蜜月にならない理由

<副大統領候補にハリスが指名されたことでインド国内はお祭り騒ぎに。だがイスラム教徒を抑圧し、カシミール問題への他国の関与を拒絶するモディ政権はむしろ米民主党を警戒している> 8月19日、カリフォルニア州選出のカマラ・ハリス上院議員が正式に民主党の副大統領候補に指名された。ハリスは母親がインド出身の移民ということもあり、米インド系移民団体などは「インド系アメリカ人がアメリカで本当のメインストリームになる」と大絶賛している。 ハリスの指名は、インド国内でも大きな反響があった。メディアやSNSでは彼女のイ...

トランプ、意図的にコロナのリスク軽視 著名ジャーナリストが内幕本で指摘、大統領選にも影響か

トランプ米大統領が新型コロナウイルスの致死性や感染力を今年2月時点で認識していたにもかかわらず、混乱を回避するために国民に正しい情報を伝えていなかったことが、著名ジャーナリストのボブ・ウッドワード氏が新著「Rage(怒り)」のために行ったインタビューで明らかになった。 CNNが入手したインタビューの録音によると、トランプ氏は国家非常事態を宣言した数日後に当たる3月19日に行われたウッドワード氏とのインタビューで、新型コロナについて「私は常に事態が深刻でないように思わせたかった。今でもそうする方が良い...

キャッシングのお話

私の友人でソフト闇金でお金を借りて人生が変わってしまった友人がいます。
ソフト闇金でお金を借りるまでは極々普通の生活をしていましたがパチンコや株にハマり仕事も疎かになり消費者金融でお金を借りて自転車操業のような生活をしていました。
結婚もし子供も2人いて私もたまにではありますが家族ぐるみのお付き合いをしていたものです。

消費者金融でお金を借りることができなくなりそれでもギャンブルなどがやめられずについにはソフト闇金でお金を借りるようになりました。
その頃から私にもお金の相談をよくしてくるようになりました。

私も不思議に思い始めて一体どうしたのかを問い詰めることになりました。
するとソフト闇金でお金を借りてしまって返済に苦しでいるということでした。

ソフトヤミ金というのが一体なんのか私はよく知りませんでした。
彼は非常に高金利な利息でお金を借りていました。
そして私が全てのお金を立て替えて払って今でも少しずつお金を返してもらっています。

彼は離婚は免れたものの家族の信用をなくしてしまって今一生懸命0から家族との信頼を取り戻しています。

例えどんなに苦労をしたとしてもソフトヤミ金などの業者からお金を借りることはやめましょう。

他にも個人間融資個人融資などでお金を貸してあげると語り暴利な金利を取るソフトヤミ金の業者も多数いますので気をつけましょう。

ソフト闇金で口コミを見ていると本当に良い業者もあるようですね。

ブラック融資即日借りれるお店です。

ブラック融資の方でも確実に融資を受けられます。

ブラック融資を専門に取り扱います。

ブラック融資不安な方でもお申し込みお願いします。

ブラック融資主婦でも安心して借りれます。

ブラック融資借金で苦しんでいる方は是非ご相談ください。


ソフト闇金はビットキャッシングにお任せください!
完全ブラック融資ソフト闇金ビットキャッシングなら誰にでも即日融資いたします!

ソフト闇金のことならソフト闇金イズにご連絡ください!
ブラック融資で誰でも即日融資!!
ソフト闇金イズならだれでも簡単キャッシング!