re

全国ニュース

「トランプ」の記事一覧

アメリカで再浮上する移民危機、トランプの攻撃材料に

<コロナ対策で実績を上げたバイデン政権だが、移民対策に手こずれば中間選挙でトランプ派の巻き返しも> 米バイデン政権は就任以来、ワクチン接種拡大によるコロナ抑え込みで支持率を稼いでいるが、一方では、アメリカへの移住を目指す中南米出身者がメキシコとの国境になだれ込む「移民危機」が大問題になってきた。米民主党も危機感を募らせている。ジョー・バイデン米大統領がこの状況を速やかに打開できなければ、フロリダ州の別荘で不遇をかこつドナルド・トランプ前大統領が自分の移民政策は「正しかった」と主張し、4年後の政権復帰...

韓国系移民の共和党候補が「中国系移民はアメリカに来るな」と発言

<下院補選への出馬に意欲見せるも、先輩の韓国系女性議員からは総スカン> トランプ政権で中小企業庁の高官を務め、今はテキサス州の下院補選に共和党候補として出馬を狙うセリー・キムが、中国からの移民の入国を拒絶すべきだと述べて物議を醸している。自分は韓国系だから、こうした発言をしても許される――そんな主張も行った。 キムは3月31日に行われた政治集会で、中国からの移民は新型コロナウイルスを持ち込む可能性があるため、アメリカへの入国を認めるべきではないと述べた。こうした主張は、アメリカでアジア系への差別が深...

アメリカ極右が愛するダークヒーローとは? 勝手なイメージ利用に不快感

<米連邦議会議事堂を襲撃した過激集団に愛用されてイメージ悪化に頭を抱える企業が続出> マーベル・コミックスが厄介な問題に直面している。それも、どちらかといえばB級キャラクターである「パニッシャー」のブランドイメージに関する問題だ。 パニッシャーは、マーベルのコミックに登場するヒーローの中でも珍しく冷酷なキャラとして知られる。かつてはアメリカの海兵隊員だったが、家族を惨殺されたのを機に、悪者たちに死の裁きを与えるダークヒーローに変わった男なのだ。 マーベルの悩みの種は、そんなパニッシャーが今年1月、ワ...

ツイッター出禁のトランプが自前のソーシャルメディアを立ち上げる

<何物にも「忖度なく」、どんなフェイクニュースもまかり通るSNSをトランプ支持者が熱烈歓迎?> アメリカのドナルド・トランプ前大統領が自前のソーシャルメディアを「2〜3カ月以内に」立ち上げる意向であることが明らかになった。 昨年の大統領選でトランプ陣営の幹部を務めたジェーソン・ミラーが21日、FOXニュースとのインタビューで明らかにした。 1月6日にトランプ支持者が米連邦議会を襲撃した事件を受け、ツイッターはトランプのアカウントを永久凍結。また、フェイスブックやユーチューブといった他の大手ソーシャル...

トランプからの贈り物、「説明困難なUFO情報」を米政府が近く公開

<トランプ政権の国家情報長官が、説明のつかない航空現象の存在と、情報開示の予定を明かした> トランプ政権下で情報機関を統括する国家情報長官を務めていたジョン・ラトクリフは、これから発表される政府の報告書に、多数の「説明が難しい」正体不明の飛行物体(UFO)の目撃情報が盛り込まれることを明かし、自分の在任中に調査結果を公開したかった、と付け加えた。 3月19日に放映されたFOXニュースのインタビューで、ラトクリフはアメリカ国民に向けてUFOに関する情報を公表したいと語った。2020年12月、当時のドナ...

「トランプのSNS」パーラーが陰謀論を広げる

<過激な右派のたまり場パーラーが北マケドニアなどに拠点を置く怪しいニュースサイトの集客に貢献> ツイッターやフェイスブックでは「自由に物が言えなくなった」とぼやくドナルド・トランプ前米大統領の支持者らが、新たに見つけた交流の場がSNSのパーラーだ。 パーラーは今年1月1日に起きた米連邦議会議事堂への乱入事件で襲撃を扇動するなどの役割を果たした疑いが持たれ、一時使えない状態になっていた。2月中旬にサービスを再開したが、私たちの調査でユーザーたちが襲撃事件の前後に偽情報を流すニュースサイトのリンクを盛ん...

ほら、トランプ人気は健在 フロリダ州の「自由のオアシス」にて

支持者らに囲まれた金色のトランプ人形が立つのは、保守派団体らが開催する保守政治活動集会(CPAC)の会場。 CPAC は1974年から続く行事で、今年の開催地フロリダ州のデサンティス知事は同地を「自由のオアシス」と呼ぶ。 2月末に行われたCPACに登壇したトランプ前米大統領は、退任後初の演説で改めて先の大統領選挙が「盗まれた」と訴え、健在ぶりを披露。既に臨戦態勢だ。 ===== CPACで話題をさらった金色のトランプ人形、制作者がインタビューに応じた The Sun-YouTube...

トランプにとっては、大統領選での敗北よりツイッターからの追放がショックだった

<大統領選の敗北や弾劾裁判よりも、ツイッターからの永久追放と、ゴルフ場の問題のほうが、トランプにとっては重要だったと、トランプの暴露本を出した身内が批判> ドナルド・トランプ前大統領は、大統領選で敗北したことよりも、ツイッターから締め出され、自分の所有するゴルフ場で開催される予定だった全米プロゴルフ選手権の会場が変更されたことのほうに憤りを感じているはずだと、臨床心理学者でトランプの姪であるメアリー・トランプは語った。 彼女は3月11日、ニュースサイトのインサイダーでトランプについて語った。「ツイッターのアカウントが永久停止処分になり、全米プロゴルフ協会(PGA)がトランプ所有のゴルフ場での大会開催を取りやめたことは、トランプにとって過去4年間で最悪の出来事だろう」 「ツイッターを使えないトランプはどうしていることだろう。 以前ほど世間の注目が自分に集まっていないことには気づいているはずだ」 大統領選の結果を覆すために、トランプを支持する暴徒が連邦議会議事堂を襲撃した2日後の1月8日、トランプはツイッターから永久追放された。この暴動は5人の死者を出し、結果としてあらゆる主要なソーシャルメディアのプラットフォームがトランプのアカウントを一時的または恒久的に凍結した。 トランプを担ぎ続ける共和党 1月10日には、トランプ・ナショナル・ゴルフコース(ニュージャージー州ベドミンスター)で開催する予定だった2022年の全米プロゴルフ選手権の会場を変更するとPGAが発表した。この大会を自分のゴルフ場で開催するために、トランプは何年もかけてロビー活動を行ってきた。 1月11日、ニューヨーク・タイムズ紙のマギー・ハーバーマン記者は、ドナルド・トランプは「がっかりしている」とツイートし、2度目の弾劾裁判よりも自分のゴルフ場で大会を開催できなくなったことに怒っていた、と伝えた。 「トランプは弾劾裁判に怒っている、と彼と話した人は言う。だがPGAの決定に対するトランプの怒りは桁違いだった」と、ハーバーマンはツイートした。 He's angry about impeachment, people who have spoken to him say. But the reaction to the PGA decision was different order of magnitude.— Maggie Haberman (@maggieNYT) January 11, 2021 大統領選で敗北した後も、ドナルド・トランプは共和党内で大きな存在感を維持し、2024年の大統領選に出馬することをほのめかしている。 保守派の政治家や活動家が集う保守政治活動集会(CPAC)では、トランプに対する応援演説が相次いだ。テキサス州選出のテッド・クルーズ上院議員など政治家たちは、「ドナルド・トランプはどこにも行かない」と宣言した。 「明らかに、共和党のこのような状態はトランプを助ける形になっている。共和党の支持がなければトランプがどうなるか、想像してみればいい。トランプが選挙に負けた他の候補と同じくらい重要ではない存在になっていたら、彼は精神的にもっと参っていただろう」と、メアリー・トランプは語った。 President Trump is looking ENERGIZED and ready to go for 2024!! This is what 'Presidential' looks like!! pic.twitter.com/RePPdcksOU— Brigitte Gabriel (@ACTBrigitte) March 14, 2021 ■トランプ支持者のツイート「彼は活力に満ちて、2024年の大統領選に向けて準備は万端」 ===== だがメアリーは、トランプは単に影響力を維持するために大統領選出馬の可能性をちらつかせているだけだ、と考えている。 「そのおかげで、これまで一生かけてやってきたように、何の咎めも受けずに活動することが可能になるし、人々をだまして金を巻き上げ続けることもできる、とトランプは考えている」 昨年7月に出版されたドナルド・トランプとその家族を厳しく批判するメアリー・トランプの本『世界で最も危険な男』(邦訳:小学館)は、発売直後の週に100万部以上が売れた。 NBCの報道によれば、メアリー・トランプは現在、ドナルド・トランプとその姉弟2人が一族の遺産数千万ドルをだまし取ったと主張して、詐欺罪で訴えている。

それでも私がトランプから勲章を受け取った理由

<暴動の数日後に国民芸術勲章を授与された「ナパーム弾の少女」のカメラマンの心の内> カメラマンのニック・ウットがドナルド・トランプ米大統領(当時)から国民芸術勲章を授与される2日前、別の著名人が受章を辞退した。NFLのニューイングランド・ペイトリオッツのヘッドコーチ、ビル・ベリチックだ。彼はトランプの長年の友人で、ウットと同じ週に大統領自由勲章を授与される予定だったが、1月6日の連邦議会議事堂での暴動という「悲劇的な出来事」を理由に辞退した。 それでもウットは辞退しようとは思わなかった。ベトナム出身...

大統領経験者が初の実刑判決、サルコジ不正に反トランプ派が勢いづく理由

<大統領選での不正献金疑惑をめぐり、元仏大統領が禁固3年。仏メディアは「トランプの未来を暗示」と報じている> サルコジ元仏大統領が3月1日、汚職罪などで禁錮3年の実刑判決を受けた。2007年の大統領選での不正献金疑惑をめぐり、捜査情報を得ようと裁判官に重要ポストを持ち掛けて買収を図ったとされる。 フランスで大統領経験者が実刑判決を受けるのは初めてだが、これによってアメリカで勢いづいた議論がある──次は、トランプ前米大統領の番ではないか。 トランプは現在、不正選挙資金疑惑などで複数の州当局などから刑事...

キャッシングのお話

私の友人でソフト闇金でお金を借りて人生が変わってしまった友人がいます。
ソフト闇金でお金を借りるまでは極々普通の生活をしていましたがパチンコや株にハマり仕事も疎かになり消費者金融でお金を借りて自転車操業のような生活をしていました。
結婚もし子供も2人いて私もたまにではありますが家族ぐるみのお付き合いをしていたものです。

消費者金融でお金を借りることができなくなりそれでもギャンブルなどがやめられずについにはソフト闇金でお金を借りるようになりました。
その頃から私にもお金の相談をよくしてくるようになりました。



私も不思議に思い始めて一体どうしたのかを問い詰めることになりました。
するとソフト闇金でお金を借りてしまって返済に苦しでいるということでした。

ソフトヤミ金というのが一体なんのか私はよく知りませんでした。
彼は非常に高金利な利息でお金を借りていました。
そして私が全てのお金を立て替えて払って今でも少しずつお金を返してもらっています。
ソフト闇金
ソフト闇金
ブラック 融資即日
ブラック キャッシング
ブラック 融資
彼は離婚は免れたものの家族の信用をなくしてしまって今一生懸命0から家族との信頼を取り戻しています。
ブラック 融資即日
ブラック キャッシング
ブラック 融資
ソフト闇金
例えどんなに苦労をしたとしてもソフトヤミ金などの業者からお金を借りることはやめましょう。

他にも個人間融資個人融資などでお金を貸してあげると語り暴利な金利を取るソフトヤミ金の業者も多数いますので気をつけましょう。

ソフト闇金で口コミを見ていると本当に良い業者もあるようですね。

ブラック融資即日借りれるお店です。

ブラック融資の方でも確実に融資を受けられます。

ブラック融資を専門に取り扱います。

ブラック融資不安な方でもお申し込みお願いします。

ブラック融資主婦でも安心して借りれます。

ブラック融資借金で苦しんでいる方は是非ご相談ください。


ソフト闇金はビットキャッシングにお任せください!
完全ブラック融資ソフト闇金ビットキャッシングなら誰にでも即日融資いたします!

ソフト闇金のことならソフト闇金イズにご連絡ください!
ブラック融資で誰でも即日融資!!
ソフト闇金イズならだれでも簡単キャッシング!