re

全国ニュース

「バイデン」の記事一覧

党内左派の人事でバイデンの力量が試される、「妥協はバイデンの持ち味」

<新大統領就任を確実にしたバイデンは、オカシオコルテスなど身内の動きにも留保する必要がある。閣僚名簿はどうなるか。現実路線・調整型の前副大統領は内政・外交・経済でどんな一手を繰り出すのか> (本誌「バイデンのアメリカ」特集より・後編) ※前編:バイデン選挙公約実現のカギは、同い年の共和党重鎮ミッチ・マコネル より続く そう、バイデン政権は身内の動きにも留意する必要がある。厄介なのは民主党内の左派勢力だ。今回の選挙が終わった翌日にも、中道派の元上院議員クレア・マカスキルと左派の新星アレクサンドリア・オ...

バイデン選挙公約実現のカギは、同い年の共和党重鎮ミッチ・マコネル

<コロナと不況対策は待ったなし。新大統領就任を確実にしたバイデンだが、「ねじれ」が待つなか、最初の100日をどう乗り切るのか。オバマ政権時代に抵抗姿勢を貫いたマコネルとの対話が肝になるが、2人の間には個人的な関係もある> (本誌「バイデンのアメリカ」特集より・前編) 世界中が胃の痛くなる思いで各地の開票作業を見守るなか、ドナルド・トランプ現大統領御用達のFOXニュースも含む主要メディアがついに「バイデン当確」を報じたのは11月7日の土曜日だった。しかし、政権移行に向けた準備はその前から水面下で始まっ...

新型コロナワクチン、モデルナ製とファイザー製をどう使い分ける?

<ファイザー製は扱いが極度に難しいので都市限定になるかも> バイオ企業モデルナが開発している新型コロナウイルスのワクチンは、製薬大手ファイザーのワクチンと比べて保管、輸送、接種が簡単なため、アメリカで認可され、配布が始まった場合「はるかに有利」になると、専門家はみている。 ファイザーは11月9日、ドイツの製薬企業ビオンテックと共同で開発中のワクチンについて、大規模な臨床試験で90%発症を防ぐ効果が認められたと、中間分析の結果を発表した。1週間後の16日、モデルナは自社のワクチンの治験で94.5%の有...

トランプ「最後の狂気」に身構える中国

<いまだに大統領選での敗北を認めていないトランプは、中国の軍需企業を禁じるなどぎりぎりまで対中強硬路線を貫く勢い。超えてはならない一線を超えようとした場合、中国は準備ができている> バイデン政権への移行まで2カ月あまりと迫る今、中国政府は、ドナルド・トランプ米大統領による「最後の狂気」に備えていると、中国国営メディアが11月16日付で伝えた。 トランプはホワイトハウスで過ごす最後の10週間を、次期大統領に就任が予定されているジョー・バイデンとその政権チームに対する政治的な罠を仕掛け、米中関係をさらに...

中国とロシアがバイデンを祝いたくない理由

<多国間主義で同盟国と手を組んで対抗してくるバイデン新政権は、強硬だが孤立していたトランプより手ごわいライバルとなる> 米大統領選で勝利した民主党のジョー・バイデンに対し、中国政府はなかなか祝意を表明しなかった。ロシア政府などはいまだに祝意を示していない。だが驚くにはあたらない。両国とも理由は説明していないが、地政学上の懸念に由来する「希望的観測」が背景にはあるとみられる。 トランプ政権は、超大国間の競争を国家戦略の正式な軸とした。だがバイデン政権は多国間主義を採り、同盟諸国を軽視したり弱体化させる...

そして「バイデンのアメリカ」へ 歓喜に沸く支持者たち

<ニューヨークで、ワシントンで──バイデン勝利を祝う人々が街頭にあふれ、お祭り騒ぎに> ニューヨークはバイデン当選確実の報に、お祭り騒ぎとなった。 初代大統領ジョージ・ワシントンの名にちなむグリニッチビレッジの歴史的な公園ワシントン・スクエア・パークでは、噴水を全身に浴びて喜びを表現する人も。 マンハッタンのトランプタワー前からハドソン川沿いの地域まで、歓喜の叫びがニューヨーク中で続いた。 SAMUEL CORUM/GETTY IMAGES 11月7日、アメリカのメディアは大統領選挙でのバイデン前副...

どん底まで落ちた米ロ関係を修復できる? ロシアがバイデン政権に寄せる期待

<「バイデン勝利はロシアにとって不利」というのが一般的な見方だが、安全保障の議論をまともに行える大統領なら米ロ関係を修復できると考える一派も政府内にはいる。本誌「米大統領選2020 アメリカの一番長い日」特集より> ロシアでもアメリカ大統領選挙は国民的な関心事だ。国営テレビを主な情報源とする一般の人々は毎日のようにトークショーでこの話題を見聞きしているし、エリートたちも高級レストランや政府機関の廊下でドナルド・トランプ米大統領とジョー・バイデン前米副大統領のバトルについて好んで議論し合っている。 バ...

中国が本心ではトランプ再選を望む理由

<アジアのみならず世界の覇権を目指す中国にとって、アメリカの衰退を加速させる「破壊王」はむしろ好都合。本誌「米大統領選2020 アメリカの一番長い日」特集より> 米国家情報長官室は今年8月、中国が「ドナルド・トランプ大統領の再選を望んでいない」という公式見解を発表した。 確かに中国の指導者は、トランプの最近の攻撃性から一時避難したいと思っているかもしれない。しかし一方で、トランプがアメリカの力を弱め、その衰退を加速させているとも考えている。より重要なのは後者の見立てで、中国政府はアジアのみならず世界...

「大統領選を盗むのはやめろ」集会で反対派のマスクをはぎ取ったトランプ支持者に暴行容疑

<敗北を認めないトランプ大統領の支持者と、選挙結果を認めるよう求めるグループが小競り合い> フロリダ州ペンサコーラで開かれたドナルド・トランプ大統領を支持する集会で、支持者の男性が反対派の女性の顔からマスクをはぎ取り、暴行罪の容疑が掛かっている。 この男性はペンサコーラがあるエスカンビア郡共和党の副会長、ダン・ディット(58歳)。 被害者は21歳の女性で、ディットが女性の顔からマスクをはぎ取った際に、顔をひっかかれたと主張している。警察に対して、暴行事件として告発したいと話している。 事件は、8日午後3時にペンサコーラ中心部で行われたトランプ大統領を支持する「選挙を盗むのはやめろ(Stop the Steal)」集会で起こった。 #DEVELOPING: Things turn ugly at a "Stop The Steal" Trump rally in Pensacola. A Trump supporter snatches a mask from a woman's face after she and another man attempted to convince the crowd to accept the results of the Presidential race. @RebekahCastorTV with more at 4,5,6&10-PM pic.twitter.com/l0nfwUXYaN— AlShowersWEAR-TV (@WEARTV_Showers) November 9, 2020 (ペンサコーラの集会を撮影した地元テレビ局の動画) その様子を撮影した地元テレビ局の動画には、大統領選の結果を尊重するべきと主張する、少人数のグループがうつっている。 そこにトランプの名前がプリントされたポロシャツを着た、ひげのある男性が近づき、被害者の女性につかみかかって顔からマスクをはぎ取っている。 男性はすぐに「アメリカを再び偉大に(Make America Great Again)」と書かれた帽子を被ったトランプ支持者の仲間に制止されて、押し戻されている。 この後、トランプ支持者と反対派のグループは激しい言い争いとなり、被害者の女性は男性が持っていたとみられるプラカードを破り捨てている。 敗北を認めないトランプ大統領 地元メディアが伝えた警察の捜査報告書によると、被害者の女性は「年配の白人男性が近づき、プラカードで押してきた。男性に対して、プラカードをどけるように言った」と話している。 さらに「男性がバックパックのひもをつかんで引っ張り、顔からマスクを取った」という。 3日に投票が行われた米大統領選では、民主党のジョー・バイデン候補が勝利宣言を行なった後も、トランプ大統領は選挙に不正があったと主張して敗北を認めていない。 事件が起きた8日、ペンサコーラ中心部には選挙結果に反発するトランプの支持者約100人が集まっていた。 ===== エスカンビア郡共和党のジョン・ロバーツ会長は、地元テレビ局WEARの取材に対してディットが支部の副会長だと認めた。しかし「コメントするには時期尚早で、捜査の進展を待つべきだ。共和党はいかなる暴力、対立にも反対だ」と語った。 8日の集会では、参加者が大統領選は「まだ終わっていない」と声を上げ、「選挙を盗むのはやめろ」というプラカードも掲げられていた。 集会を主催したトランプ選対の郡支部長ビル・フェトケは、WEARの取材に「次期大統領を決めるのはメディアではない。我々、人民だ」と語った。 また集会に参加したトランプ支持者の女性は、「ペンシルベニア、ミシガン、ネバダ、アリゾナで起きていることは間違っている。共和党とか民主党とかという問題ではなく、間違っている」と取材に答えていた。 ===== #DEVELOPING: Things turn ugly at a "Stop The Steal" Trump rally in Pensacola. A Trump supporter snatches a mask from a woman's face after she and another man attempted to convince the crowd to accept the results of the Presidential race. @RebekahCastorTV with more at 4,5,6&10-PM pic.twitter.com/l0nfwUXYaN— AlShowersWEAR-TV (@WEARTV_Showers) November 9, 2020 (ペンサコーラの集会を撮影した地元テレビ局の動画)

国防総省を骨抜きにするトランプの危険な妨害工作

<国防総省では反トランプ派の幹部がわずか2日間で4人解任・辞任した。安全保障を犠牲にしても、バイデンの政権移行に徹底抗戦する構えか> マーク・エスパー国防長官は9日、ドナルド・トランプのツイートで解任され、ジェームズ・アンダーソン国防副次官(政策担当)は10日にみずから辞任した。この事態を受けて、下院軍事委員会のアダム・スミス委員長は10日、トランプ政権は「混乱と分裂」の種をまき散らしていると述べた。 エスパーの解任とそれに続くアンダーソンの辞任から、今回の大統領選挙でジョー・バイデンに負けたことを...

キャッシングのお話

私の友人でソフト闇金でお金を借りて人生が変わってしまった友人がいます。
ソフト闇金でお金を借りるまでは極々普通の生活をしていましたがパチンコや株にハマり仕事も疎かになり消費者金融でお金を借りて自転車操業のような生活をしていました。
結婚もし子供も2人いて私もたまにではありますが家族ぐるみのお付き合いをしていたものです。

消費者金融でお金を借りることができなくなりそれでもギャンブルなどがやめられずについにはソフト闇金でお金を借りるようになりました。
その頃から私にもお金の相談をよくしてくるようになりました。



私も不思議に思い始めて一体どうしたのかを問い詰めることになりました。
するとソフト闇金でお金を借りてしまって返済に苦しでいるということでした。

ソフトヤミ金というのが一体なんのか私はよく知りませんでした。
彼は非常に高金利な利息でお金を借りていました。
そして私が全てのお金を立て替えて払って今でも少しずつお金を返してもらっています。
ソフト闇金
ソフト闇金
彼は離婚は免れたものの家族の信用をなくしてしまって今一生懸命0から家族との信頼を取り戻しています。

例えどんなに苦労をしたとしてもソフトヤミ金などの業者からお金を借りることはやめましょう。

他にも個人間融資個人融資などでお金を貸してあげると語り暴利な金利を取るソフトヤミ金の業者も多数いますので気をつけましょう。

ソフト闇金で口コミを見ていると本当に良い業者もあるようですね。

ブラック融資即日借りれるお店です。

ブラック融資の方でも確実に融資を受けられます。

ブラック融資を専門に取り扱います。

ブラック融資不安な方でもお申し込みお願いします。

ブラック融資主婦でも安心して借りれます。

ブラック融資借金で苦しんでいる方は是非ご相談ください。


ソフト闇金はビットキャッシングにお任せください!
完全ブラック融資ソフト闇金ビットキャッシングなら誰にでも即日融資いたします!

ソフト闇金のことならソフト闇金イズにご連絡ください!
ブラック融資で誰でも即日融資!!
ソフト闇金イズならだれでも簡単キャッシング!