re

全国ニュース

「パンデミック」の記事一覧

北京で6月にクラスター発生したコロナウイルス、東南アジアから逆輸入の可能性=ハーバード大

中国の北京で6月初めに集団感染が起きた新型コロナウイルスについて、米ハーバード大学の研究者チームは、ウイルスが東南アジアから入ってきた可能性があるとの見解を示した。 北京では6月に大規模食品卸売市場で集団感染が発生した。 このウイルスについて、中国疾病予防管理センターは国外から入ってきたとの見解を示している。 ハーバード大の研究論文は、査読(ピアレビュー)前の論文として1日にウェブサイトに公開された。 同大学の研究チームは、北京で6月に採取した3つのウイルスのゲノム配列を、世界各地で採取した7643...

「中南米はコロナ対策維持を 10月までに死者4倍の約50万人も」WHO幹部

世界保健機関(WHO)の米州事務局である汎米保健機構(PAHO)のエティエンヌ事務局長は30日、中南米地域では新型コロナウイルスの感染予防対策が維持されなければ、感染による死者が10月までに43万8000人に達する可能性があると警告した。 ロイターのデータによると、同地域での死者は現在11万3844人で、世界の約5分の1を占める。 事務局長は、米州が世界での新型コロナ感染の震源地となっており、同地域全体では死者は10月1日までに約3倍の63万7000人に上る可能性があるとした。その上で、このモデル分...

新たな「パンデミックウイルス」感染増加 中国研究者がブタから発見

米学術誌「米国科学アカデミー紀要(PNAS)」に掲載された研究論文によると、中国のブタから見つかった新しいインフルエンザウイルスがヒトへの感染性を高めており、「パンデミック(世界的大流行)ウイルス」になる可能性に備えて監視する必要がある。ただ、専門家らは差し迫った脅威はないと指摘している。中国の研究者チームは2011─18年にブタから見つかったインフルエンザウイルスを調べ、H1N1の「G4」株を発見。これは「パンデミックウイルス候補のあらゆる絶対不可欠な特質」を備えているという。養豚場の労働者も血中...

世界の新型コロナ感染者1000万人突破、死者50万人に到達

ロイターの集計によると、COVID─19(新型コロナウイルス感染症)による死者が28日、世界全体で50万人に達した。世界の累計の感染者数は1000万人を突破した。 COVID─19による死者は50万1000人、感染者は累計で1010万人。 死者数の増加ペースはこの数週間で落ち着きつつあるものの、公衆衛生の専門家らは、米国やインド、ブラジルでの新規感染者数の記録的な増加や、アジアの一部諸国における感染再拡大に懸念を示している。 28日には中南米の感染者数が欧州を上回り、北米に次ぐ規模となった。オースト...

中南米、新型コロナ死者10万人突破 10月までに約39万人に増加=米研究所

米ワシントン大学保健指標評価研究所(IHME)は24日、中南米地域の新型コロナウイルス感染による死者数が10月までに38万8300人に急増するとの見通しを示した。ブラジルとメキシコが3分の2を占める見込みという。 同地域では感染が急拡大しており、今週、死者が10万人を突破した。 IHMEによると、死者はブラジルで16万6000人、メキシコで8万8000人を超える見通し。 アルゼンチン、チリ、コロンビア、エクアドル、グアテマラ、ペルーの予想死者数は、それぞれ1万人超。パラグアイ、ウルグアイ、ベリーズを...

米、23日の新型コロナ感染3.5万人で4月下旬以降で最多 過去2番目の水準

米国で新型コロナウイルスの一日の感染者数が4月下旬以降で最多を記録し、過去2番目の水準になったことが分かった。ロイターの集計によると、23日時点で新規感染者数は3万5588人で、4月24日の3万6426人に迫った。州別ではフロリダで5500人を超え、過去最多を記録した。22日以降、テキサスやアリゾナ、カリフォルニア、ミシシッピ、ネバダの各州で一日の感染者数が最多を更新している。多くの州で感染防止のための都市封鎖(ロックダウン)が解除される中、当初はあまり感染が広がらなかった農村部で感染が拡大している...

WHO「世界の新型コロナ感染者、来週にも1000万人到達」

[ジュネーブ 24日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は24日、世界中の新型コロナウイルス感染者数が来週にも1000万人に到達するとの見通しを示した。現在の感染者数は約930万人。22日に900万人を突破したが、5月中旬時点では450万人にとどまっていた。テドロス氏は、各国が酸素濃縮器を調達できるよう支援しているが「需要が供給を上回っている」とした。緊急事態対応を担当するライアン氏は、米州の多くの国で流行はピークに達していないとした上で「状況は依然として進行しており、今後数週...

中南米の新型コロナ拡大、死者10万人突破 メキシコとブラジルが深刻

ロイターの集計によると、中南米の新型コロナウイルス感染症による死者が23日、10万人を超えた。欧州や一部のアジア諸国では流行が下火になっているが、中南米では感染が急拡大しており、収束の兆しは見えない。 ブラジルで新たに確認された死者は1374人、新規感染者は3万9436人に上った。死者の累計は5万2000人、感染者は110万人を超えている。累計死者数が5万人を超えている国は、現時点で米国とブラジルのみだ。 メキシコ保健省によると、23日の同国の新規感染者は6288人で、793人の死亡が確認された。1...

一部の国で新型コロナ感染拡大 WHO「中南米の流行を懸念」

世界保健機関(WHO)は22日、一部の国々で新型コロナウイルスの感染が拡大しており、特にブラジルなど中南米地域での流行が懸念されると表明した。 テドロス事務局長は一日の新規感染者数が21日に約18万3000人と過去最高を更新したと明らかにした。 WHOで緊急事態対応を担当するライアン氏は「人口の多い一部の国々で流行が同時に拡大しているため、感染者が増えている」と指摘。インドなどで見られるコロナ検査の拡充が感染者の増加につながっているとも考えられるが、それだけでは説明できないと述べた。 ロイターの集計...

米、新型コロナ死者12万人突破で第1次世界大戦超え 感染227万人で連日2万人以上増加

米国の新型コロナウイルス感染による死者数が12万人を超えたことが22日、ロイターの集計で明らかになった。第1次世界大戦の戦死者の数を超えたことになる。 6月に入ってからの1日当たりの平均死者数は約800人。最悪期だった4月の2000人からは減少した。 米国の累計の感染者数は220万人と、世界で最多。2番目に多いブラジルの約100万人の2倍以上となっている。 米国では経済活動の再開を受け、先週は12州で新規感染者数の増加ペースが過去最悪となった。ロイターの集計によると、20日に確認された新規感染者数は...

キャッシングのお話

私の友人でソフト闇金でお金を借りて人生が変わってしまった友人がいます。
ソフト闇金でお金を借りるまでは極々普通の生活をしていましたがパチンコや株にハマり仕事も疎かになり消費者金融でお金を借りて自転車操業のような生活をしていました。
結婚もし子供も2人いて私もたまにではありますが家族ぐるみのお付き合いをしていたものです。

消費者金融でお金を借りることができなくなりそれでもギャンブルなどがやめられずについにはソフト闇金でお金を借りるようになりました。
その頃から私にもお金の相談をよくしてくるようになりました。

私も不思議に思い始めて一体どうしたのかを問い詰めることになりました。
するとソフト闇金でお金を借りてしまって返済に苦しでいるということでした。

ソフトヤミ金というのが一体なんのか私はよく知りませんでした。
彼は非常に高金利な利息でお金を借りていました。
そして私が全てのお金を立て替えて払って今でも少しずつお金を返してもらっています。

彼は離婚は免れたものの家族の信用をなくしてしまって今一生懸命0から家族との信頼を取り戻しています。

例えどんなに苦労をしたとしてもソフトヤミ金などの業者からお金を借りることはやめましょう。

他にも個人間融資個人融資などでお金を貸してあげると語り暴利な金利を取るソフトヤミ金の業者も多数いますので気をつけましょう。

ソフト闇金で口コミを見ていると本当に良い業者もあるようですね。

ブラック融資即日借りれるお店です。

ブラック融資の方でも確実に融資を受けられます。

ブラック融資を専門に取り扱います。

ブラック融資不安な方でもお申し込みお願いします。

ブラック融資主婦でも安心して借りれます。

ブラック融資借金で苦しんでいる方は是非ご相談ください。