re

全国ニュース

「人種問題」の記事一覧

日本人が知らない、アメリカ黒人社会がいま望んでいること

<BLM運動が起こり、「構造的差別」に対するアメリカ社会の意識が変わり始めた。日本まではなかなか伝わってこない黒人社会の慟哭を、ピュリツァー賞受賞ジャーナリストが長編ルポで描く。本誌「Black Lives Matter」特集より> その日、米テキサス州ヒューストン選出の連邦下院議員アル・グリーン(民主党)は、ヒューストンで開かれたジョージ・フロイド(46)の告別式会場の最前列で自身がスピーチする番を待っていた。フロイドは、今年5月25日にミネソタ州ミネアポリスで首を白人警官の膝で押さえられ、無念の...

前回選挙で成功した「集会戦術」に執着するトランプ 世論と合わず「空回り」

11月の米大統領選に向けて、トランプ氏は支持率の低下や幾つもの国家的な危機に直面しながらも、誇張的で乱暴な言い回しを駆使する集会を相変わらず選挙戦の主な手段としている。だが2016年の前回選挙後に、米国では多くの状況が変わったのだ。 米国では新型コロナウイルス感染症の死者が13万人を超え、感染対策としてロックダウン(封鎖)が実施された結果、経済は奈落の底に沈んだ。また5月に黒人男性ジョージ・フロイドさんが白人警官に首を押さえつけられて死亡した事件をきっかけに、人種差別や警察の暴力に対する抗議デモが全...

トランプ、警官の暴力問題で「白人の方が多く殺されている」 CBSのインタビューで

トランプ米大統領は14日、CBSニュースとのインタビューで、黒人に対する警察の暴力の問題について、警官によって殺されるのは白人の方が「もっと多い」と述べ、黒人を特別視しない姿勢を示した。 トランプ氏は、黒人がいまだに当局の手で殺されているのはなぜかと問われ、「白人も同じだ。何てひどい質問だ。むしろ白人の方が多い」と強調した。 米国では5月に起きた白人警官による黒人のジョージ・フロイドさんの暴行死を受け、黒人に対する警察の暴力に世論の注目が集まり、抗議活動が国内外で広がった。 13日に公表された米紙ワ...

カニエ・ウエスト「もうトランプを支持せず」 大統領選勝利目指す

米人気ラッパーのカニエ・ウエスト氏は、トランプ大統領をもはや支持しないと表明し、出馬する11月の米大統領選では勝利すると言明した。 ウエスト氏はフォーブス誌とのインタビューで、トランプ大統領のトレードマークである「米国を再び偉大に」と書かれた赤い帽子について言及し、「このインタビューをもって赤い帽子を脱ぎ捨てる」と述べた。 ウエスト氏はこれまでトランプ大統領支持を公言し、2018年にホワイトハウスを訪問したこともある。 ウエスト氏が大統領選で黒人有権者の票を取り込み、民主党候補の指名獲得が確実なジョ...

ブラック・パンサーの敗北がBLM運動に突き付ける教訓

<警察とFBIは徹底的に黒人解放運動の組織を憎悪し壊滅させた。71歳の元ブラック・パンサー構成員が危惧する今のBLM運動の問題とは? 本誌「Black Lives Matter」特集より> 5月末からアメリカで勢いづいているBLM(ブラック・ライブズ・マター=黒人の命は大事)運動は、世界中の人々の心をわしづかみにしている。 ニュースサイトwburによると、5月25日以降、BLM運動に関連した抗議活動は全世界で3960件を超える。アメリカだけでなくベルギーやイギリスでも、植民地支配を象徴する歴史上の人...

元大統領ジャクソンの像襲撃に、現大統領トランプが即座に応戦

<強権で知られた第7代大統領アンドルー・ジャクソンの像が人種差別抗議運動の標的に> 首根っこに縄を掛けられ引き倒されようとしているのは、強権ぶりで名をはせた米第7代大統領アンドルー・ジャクソンの像。 ホワイトハウス前のラファイエット公園に立つ像が、人種差別抗議運動の標的になった。 一方で、現大統領のトランプは、像の破壊などに10年の禁錮刑を科す大統領令に署名。 ジャクソン像破壊未遂の4人の男は即座に訴追された。 <本誌2020年7月14日号掲載> 【関連記事】日露戦争を終わらせたルーズベルト像も人種...

後足で砂?英王室を離脱したヘンリー王子夫妻が大英帝国の過去を批判

<奴隷貿易や植民地主義の罪をまだ認めてもいないエリザベス女王をさしおいて、「イギリスは過去を認めるべき」と主張> ヘンリー王子とメーガン妃は7月1日、英連邦の若者を支援する慈善団体「クイーンズ・コモンウェルス・トラスト」が主催したビデオ会議に参加。制度化された人種差別や無意識の偏見について話し、イギリスは「過去を認める」べきだとして、人種差別と大英帝国に関する「気まずい」問題を取り上げた。 アメリカで黒人男性が白人警察官に殺害されたことをきっかけに起こったBLM(ブラック・ライブズ・マター=黒人の命...

トランプ、人気カーレースNASCARの黒人選手問題で「口撃」

トランプ米大統領は6日、米国の人気カーレースNASCARが南北戦争当時の南軍旗の使用を禁止した措置を批判し、黒人選手の車庫で人種差別を想起させる首輪状の縄が見つかった問題も、「捏造」だと指摘した。 11月の大統領選を控え、トランプ氏は人種問題で「炎上」発言を繰り返している。 NASCAR唯一の黒人ババ・ウォレス選手の車庫で首輪状の縄が見つかった問題では、6月22日のレースで仲間の選手が結束してウォレス氏への支持を表明。その後の連邦捜査局(FBI)の調査により、縄はウォレス氏が車庫を使い始める前の20...

トランプ、独立記念日の演説で「過激な左派」打倒表明

トランプ米大統領は4日の米独立記念日に行った演説で、「過激な左派」を打倒すると改めて表明した。 トランプ氏は、全米で続く人種差別への抗議デモに参加者の一部が、南北戦争時代に奴隷制度を支持した南部側の人物の銅像を撤去していることを念頭に「今権力を握るために過去についてうそを言おうとする人々が常に存在する。われわれの歴史を偽り、われわれに恥をかかせようとする人々が。彼らの目的は破壊だ」と非難した。 前日にも同氏はサウスダコタ州で、「怒り狂った暴徒」が歴史を抹殺しようとしていると主張し、自身を極左勢力に対...

母親の手記「真の正義を手にするまで私は決して諦めない」

<今回の黒人差別反対運動の発端となったジョージ・フロイド事件の前にも、同じように警察の暴力で息子を失った女性がいた。その痛みと願いを本誌に寄稿。「Black Lives Matter」特集より> 私がジョージ・フロイドのことを知ったのは事件の翌朝だった。電話してきた記者から、彼がどのように亡くなったのかを聞いたとき、たちまち心に強烈な痛みを感じた。 思い出したのは2014年7月17日のことだ。その日、私の息子エリック・ガーナーは警官に腕で首を絞め付けられ、それが原因で死亡した。 涙があふれた。エリッ...

キャッシングのお話

私の友人でソフト闇金でお金を借りて人生が変わってしまった友人がいます。
ソフト闇金でお金を借りるまでは極々普通の生活をしていましたがパチンコや株にハマり仕事も疎かになり消費者金融でお金を借りて自転車操業のような生活をしていました。
結婚もし子供も2人いて私もたまにではありますが家族ぐるみのお付き合いをしていたものです。

消費者金融でお金を借りることができなくなりそれでもギャンブルなどがやめられずについにはソフト闇金でお金を借りるようになりました。
その頃から私にもお金の相談をよくしてくるようになりました。

私も不思議に思い始めて一体どうしたのかを問い詰めることになりました。
するとソフト闇金でお金を借りてしまって返済に苦しでいるということでした。

ソフトヤミ金というのが一体なんのか私はよく知りませんでした。
彼は非常に高金利な利息でお金を借りていました。
そして私が全てのお金を立て替えて払って今でも少しずつお金を返してもらっています。

彼は離婚は免れたものの家族の信用をなくしてしまって今一生懸命0から家族との信頼を取り戻しています。

例えどんなに苦労をしたとしてもソフトヤミ金などの業者からお金を借りることはやめましょう。

他にも個人間融資個人融資などでお金を貸してあげると語り暴利な金利を取るソフトヤミ金の業者も多数いますので気をつけましょう。

ソフト闇金で口コミを見ていると本当に良い業者もあるようですね。

ブラック融資即日借りれるお店です。

ブラック融資の方でも確実に融資を受けられます。

ブラック融資を専門に取り扱います。

ブラック融資不安な方でもお申し込みお願いします。

ブラック融資主婦でも安心して借りれます。

ブラック融資借金で苦しんでいる方は是非ご相談ください。


ソフト闇金はビットキャッシングにお任せください!
完全ブラック融資ソフト闇金ビットキャッシングなら誰にでも即日融資いたします!

ソフト闇金のことならソフト闇金イズにご連絡ください!
ブラック融資で誰でも即日融資!!
ソフト闇金イズならだれでも簡単キャッシング!