re

全国ニュース

「選挙」の記事一覧

トランプ「大統領選、結果判明に数カ月要す恐れ 郵便投票で混乱」

トランプ米大統領は25日、郵便投票の影響で11月の大統領選の結果判明には何カ月もかかる可能性があるとの見方を示し、この投票方法を改めて批判した。 専門家は今回の選挙について、11月3日の投票日以降に届く郵便投票を集計する必要があるため、結果判明に数日かかる可能性があると指摘している。 トランプ氏はバージニア州で開いた選挙集会で「結果は数カ月にわたって判明しないかもしれない。混乱した状況だからだ」と発言。「(投票)当日の夜に結果が分かる可能性はとても低い。後から届いた票も有効になったからだ」と述べた。...

「選挙不介入の相互確約を」 プーチン、米国にサイバー有事防止提案

ロシアのプーチン大統領は25日、米国に対し、サイバー攻撃を通し国内選挙に介入しないと相互に確約するよう呼び掛けると同時に、サイバー空間における有事発生の防止に向けた米ロ間の合意を提案した。 プーチン大統領は11月3日の米大統領選挙を前に発表した声明で、「情報通信技術などを利用し、選挙を含む内政に干渉しないと相互に保証することを提案する」と表明。「サイバー空間における大規模な対立が現在、戦略上の主要な課題の一つとして挙げられる。情報通信技術の利用を巡る米ロ間の関係をリセットするための包括的なプログラム...

運命の大統領選、投票後のアメリカを待つカオス──両陣営の勝利宣言で全米は大混乱に

<民主党が勝てば共和党は郵便投票で不正があったと主張し、共和党が勝てば民主党は支持者の投票が妨げられたと主張する――分断と対立が激化するなかで行われる選挙が両陣営のなじり合いに終わったら...。本誌「米大統領選2020:トランプの勝算 バイデンの誤算」特集から> 米大統領選に併せて実施される連邦議会選に向け、今年6月23日にニューヨーク州で行われた民主党の予備選では大番狂わせがあった。党内左派の新人ジャマル・ボーマンがベテランの現職エリオット・エンゲル下院議員を下したのだ。 もっとも、正式に結果が出...

元軍大将ら489人がバイデン氏支持 異例の大統領批判 – アメリカ大統領選挙2020:朝日新聞デジタル

トランプ米政権の元軍高官を含む安全保障関係の元政府高官ら500人近くが24日、国民向け公開書簡を発表し、大統領選の民主党候補であるバイデン前副大統領への支持を表明した。トランプ大統領は同盟関係を損ねたなどと非難している。軍高官が退役後とはいえ最高司令官の大統領を公然と批判し、特定の候補への支持を表すの...

ベラルーシ、ルカシェンコが大統領就任式 事前予告なしで強行

ベラルーシのルカシェンコ大統領は23日、事前の予告なしに新たな任期に向けて就任式を行った。国営通信ベルタが伝えた。 1994年以降、大統領の地位にあるルカシェンコ氏は8月9日の選挙で地滑り的勝利によって再選されたと主張しているが、反政権派は大規模な不正があったと非難し、ルカシェンコ大統領の辞任を求めて大規模な抗議デモを展開している。 ベルタによると、ルカシェンコ氏は数百人が出席した式典で就任の宣誓を行った。 反政権派の政治家、パベル・ラトゥシュコ氏はソーシャルメディアで「アレクサンドル・ルカシェンコ...

米連邦地裁、大統領選控えて全ての選挙郵便物の迅速処理を命令 時間外労働の事前承認も求める

米ニューヨークの連邦地裁は21日、郵政公社(USPS)に対し、投票用紙など11月の大統領選に関する全ての選挙郵便物を迅速に処理するよう命じた。 マレロ判事は、郵便局は可能な限り全ての選挙郵便物を「普通郵便(first-class mail)」もしくは「速達郵便(priority mail express)」扱いとし、10月26日から11月6日までの期間、「申請される全ての時間外労働を事前承認」するよう求めた。 ワシントン州の連邦地裁は17日、USPSの業務変更を阻止するために複数州が起こした訴訟で、...

立民 小沢一郎氏 次の衆院選で政権交代目指す考え | NHKニュース

合流新党、立憲民主党の小沢一郎衆議院議員は講演し「本当に国民に目を向けた政治を実現したい」と述べ、次の衆議院選挙で政権交代を目指す考えを示しました。 この中で、小沢氏は、立憲民主党について、「できたばかりで必ずしも完全な政党になったとは言えないが、野党が1つになり、これが効果的に機能すれば絶対に政...

「二つの米国」のある街で 月500ドルの部屋を借りた – アメリカ大統領選挙2020:朝日新聞デジタル

白人とマイノリティー。富める者と貧しい者。都市と地方。共和党支持者と民主党支持者――。かつてないほど分断が進むアメリカは、どこへ向かうのか。大統領選挙の激戦州ペンシルベニア州の街ヨークで、「二つのアメリカ」の境界線上にある場所を見つけた。この地に住みながら、足元からこの国の行方を探ってみた。(敬称...

アメリカ大統領選、4州で期日前投票始まる 一部で有権者の列も

米ミネソタ、バージニア、サウスダコタ、ワイオミングの4州で18日、2020年米大統領選の期日前投票が始まった。新型コロナウイルス流行を背景に11月3日の投票日の混雑を避けようとする動きから、一部の投票所では有権者が列を作る様子も見られた。 ミネソタ州ミネアポリスの投票所では、開場後30分で約44人が投票。16年の大統領選ではトランプ大統領が同州で僅差で敗れたが、今回の選挙では追い上げが予想されており、激戦州になると目される。 再選を目指すトランプ大統領はこの日、同州ベミジの空港で選挙集会を行う。野党...

前地方創生相「相当ほら吹いた」 47都道府県の視察で北村氏 | 共同通信

北村誠吾前地方創生担当相(73)=衆院長崎4区=は17日、後任の坂本哲志氏との新旧大臣引き継ぎ式で、自身が在職中に47都道府県の視察を達成したことに触れ「47回って相当ほら吹いてきましたから。後の始末をよろしくお願いします」と述べた。地方創生に取り組む現場への配慮を欠いた発言として批判が出そうだ。 発言は...

キャッシングのお話

私の友人でソフト闇金でお金を借りて人生が変わってしまった友人がいます。
ソフト闇金でお金を借りるまでは極々普通の生活をしていましたがパチンコや株にハマり仕事も疎かになり消費者金融でお金を借りて自転車操業のような生活をしていました。
結婚もし子供も2人いて私もたまにではありますが家族ぐるみのお付き合いをしていたものです。

消費者金融でお金を借りることができなくなりそれでもギャンブルなどがやめられずについにはソフト闇金でお金を借りるようになりました。
その頃から私にもお金の相談をよくしてくるようになりました。

私も不思議に思い始めて一体どうしたのかを問い詰めることになりました。
するとソフト闇金でお金を借りてしまって返済に苦しでいるということでした。

ソフトヤミ金というのが一体なんのか私はよく知りませんでした。
彼は非常に高金利な利息でお金を借りていました。
そして私が全てのお金を立て替えて払って今でも少しずつお金を返してもらっています。

彼は離婚は免れたものの家族の信用をなくしてしまって今一生懸命0から家族との信頼を取り戻しています。

例えどんなに苦労をしたとしてもソフトヤミ金などの業者からお金を借りることはやめましょう。

他にも個人間融資個人融資などでお金を貸してあげると語り暴利な金利を取るソフトヤミ金の業者も多数いますので気をつけましょう。

ソフト闇金で口コミを見ていると本当に良い業者もあるようですね。

ブラック融資即日借りれるお店です。

ブラック融資の方でも確実に融資を受けられます。

ブラック融資を専門に取り扱います。

ブラック融資不安な方でもお申し込みお願いします。

ブラック融資主婦でも安心して借りれます。

ブラック融資借金で苦しんでいる方は是非ご相談ください。


ソフト闇金はビットキャッシングにお任せください!
完全ブラック融資ソフト闇金ビットキャッシングなら誰にでも即日融資いたします!

ソフト闇金のことならソフト闇金イズにご連絡ください!
ブラック融資で誰でも即日融資!!
ソフト闇金イズならだれでも簡単キャッシング!